【川バス釣り】ベルリネッタクローラー2で羽根モノGAME開幕戦

  • ブックマーク
  • Feedly
  • -
    コピー
ベルリネッタクローラー2 フェルデランス カルコン200 ナイロン20lb

連休明けの釣行。

当日は雨予報でしたが、朝現場に到着した段階では微量の雨が降っている程度。しかも暖かい。

夜寝ている時にずいぶん暖かいなぁと感じていたのもあり、先発で選んだルアーはベルリネッタクローラー2(トップウォータープラグ)です。

水面に近づかず、岸から3,4m離れた立ち位置からキャストして、巻いてくると一投目から水面炸裂!!

フェルデランスのバットパワーで寄せてキャッチしたのは46cmのバス!!

ベルリネッタクローラー2 フェルデランス カルコン200 ナイロン20lb

 

朝っぱらからテンションは上がるが、脳みそと筋肉がまだ寝てます。。

 

この後、岸際でメガバイトありましたが食い損ね。。

まぁまぁ明るくなってきたのでルアーを変えて責めましたが、異常なくポイントを移動。

 

この日は一日釣りできる予定でしたが、徐々に雨が強くなり、午後には濁りが入り流れも強く。水温も低下しただろうということで、悩んだ末帰宅しました。

ベルリネッタクローラー2の出しどころ

ベルリネッタクローラー2 フェルデランス カルコン200 ナイロン20lb

個人的なベルリネッタクローラー2の出しどころについては、かなり条件が揃ってないと出さない感じです。

その条件とは

  • 超まずめ時(もしくは夜)
  • 水深が浅い場所(深くても2m)
  • フィーディングスポット

基本的にはこの3点で、ここに雨が降った時がプラスされるような感じですかね。

なのでベルリネッタクローラー2を出すシーンというのは個人的にはかなり限定的です!

超まずめ時→まずめ時→朝のいい時間→昼間と時間が流れていくにしたがい、羽根モノでもより弱く巻けるものに変えていきます。(強さの最弱でいえば、レイドジャパンのダッジのデッドスローリトリーブなどでしょうかね。)

まぁ今回は溺愛のクリーパーやホグバスター以外の絵面(写真)が欲しかったからベルリネッタクローラー2を選んだってのもありますがw

ベルリネッタクローラー2 タックルデータ

フェルデランス カルコン200

ロッド:デプス「フェルデランス」
リール:カルコン200
ライン:ナイロン20lb

ちなみにベルリネッタクローラー2のフックは刺さり重視にするためリューギ「ピアストレブル」に交換してあります。

刺さり重視にする理由はもちろんのことながらショートバイトも拾うためです。

ド派手に出てくれれば太軸で強いフックでもいいんですが、水中にルアーが引き込まれるような弱いバイトの時は「プスゥー」っと刺さってくれるようなフックが理想

最近気づいたことですが、リューギのフックは刺さりはいいけど針先が死ぬのが早いため、ストラクチャーに絡めた釣りをする際は違うフックを使うことにしました。(刺さりの良さは確かなので、トップウォータープラグなどには良い)

[amazonjs asin=”B01MXDMAFA” locale=”JP” title=”イマカツ ベルリネッタクローラー2 IMAKATSU Berlinetta Crawler 476 琵琶湖ゾンビギル 42g”]

[amazonjs asin=”B00Q43TEHM” locale=”JP” title=”ささめ針(SASAME) ピアストレブル(TC BL) HPT044 #10″]



この記事を書いた人

サカナ

サカナ

バス釣り歴13年。関東在住。既婚、4歳の娘と妊婦の嫁が居ますが、週2ペースで隙あらばバス釣りしてます。以前はボートで釣りしてましたが、最近はオカッパリがメイン。ブログでは、今までの経験やノウハウを活かして初心者の方に向けた情報や釣具のレビューなどをテキトーに書いています。詳しくはプロフィールをご覧ください。