2019年11月の釣行まとめ

  • ブックマーク
  • Feedly
  • -
    コピー
隙あらばバス釣り サカナ
サカナ

毎年試練の11月

今年は昨年の気づきを活かして釣れたバスも居て数は少ないものの充実した1ヶ月でしたかね

と言うわけで雑に釣果まとめ行ってみます!

10月に引き続き難しい晩秋

一日ガチで釣りしてもバイトすら得られない日もあった11月

下のバスは午前中全くダメで、水温上がるまで昼寝して、日中カバー撃ちして釣れたバス。

19アンタレス ワールドシャウラ1652R-3
カバー撃ちで釣れてくれたバス

11月をトップで狙うナイトゲーム

今年最後の?羽根モノゲームを楽しむためにナイトゲームへ

この日はタイミング的には良かったんですが、下手に雨が降ってしまい厳しいか?と思いきやごっついヤツが釣れました!

18アンタレスDCMD ワールドシャウラ1703R-3 リブレ クランクフェザー110

立て続けにヒットした40ちょいちょい

この日はアヴェントゥーラ59(ナイロン30lb)でNZクローラーを投げており、ファーストバイトを得るもののバラしてしまい、ワールドシャウラ1703(ナイロン20lb)にアベンタクローラーのタックルに変え、問題なくキャッチ。

NZクローラーって形状の問題なのかテール一本掛りが多く、重さも3ozあります。

それを硬めのロッドで掛けたことで身切れしてバレたのかな?と思う。

あらためて羽根モノのタックルバランスは重要だなと痛感した日でしたね。

ちなみにワールドシャウラ1703は羽根モノにも向くオールマイティーロッド!意外と曲がるのでトップで自動的に掛けることができ、掛けてからはバットパワーで余裕で寄せられ、2kg弱の魚も抜き上げられました。

2kgの魚を抜き上げてから草のあるところまでぶら下げて歩きましたが全然行けましたね。(ロッドは弧を描くほど曲がってましたが)

なので関東エリアで50アップ2kgくらいなら余裕なので参考までに

冬っぽい日

毎年のことながら寒暖差の激しい11月。

この日は冬っぽい空気。

とあるポイントでバスを発見し、食わせるもののバラしてしまい、時間を開けて場所を休ませ再アプローチし仕留めた1匹

見つけたバスをどう釣るか?ってみんな思うことだと思いますが、

例えば今回のように

「岸よりにバスが居た。でも自分(人)の存在に気づいて逃げていった。」

と言う状況。

こうした状況下では、逃げたバスがどこに行くか?自分はそれを考えて、ブラインドでどう釣るかを考えます。

今回の例では、ちょい沖にちょっとした反転流、オダ、ブレイク。左右にカバーがあると言った状況でしたが、バラしたやつは反転流に居ました。

こうしたパターンで釣った経験から言うと、足下もしくは岸際に居て、人の存在に気づいて逃げるバスは、そう遠くへは行かない。(結局、居た場所=居心地が良いので戻ってきたいから)

そこを前提として考えたときに、半径5mに魚が一時的に付きそうな場所を見て、そこをどう釣るか?を考えて適材適所でルアーを選んで釣る感じです。

隙あらばバス釣り サカナ
サカナ

逃げるバスをどう釣るか?

私的な釣り方を偉そうに語りましたが、何かの参考になれば幸いです!

にしても12月に入ったと言うのに暖かい!

正直この時期にこの暖かさは「難しい」です。。

なぜなら冬のエリアが生きない。そしてデカいのは変なとこに居たりする。見つけても食わない。。

個人的には12月らしい寒さで安定して欲しいとことです・・

【無料】動画でバス釣りを学ぼう

ここまで記事を書いて行きましたが、初心者のうちはなかなか釣れなかったり、イメージが沸かなかったりすると思います。

そこで僕からの提案としては、「動画で学ぶ」です。

すでにYouTubeなどで釣り動画を視聴している人も多いと思いますが、僕的には釣りビジョンがおすすめです!

素人が多いYouTubeと比べて、釣りビジョンの出演者はプロアングラーがほとんどで、レジェンドと呼ばれるプロが出演するの番組アーカイブもめちゃくちゃあります。

素人が釣りしている動画を視聴するより、マジで勉強になります。

今なら14日間【無料】で視聴できるので、観たい番組だけざっと観まくって有料会員(といっても月額1200円)になるか判断すれば良いでしょう。

>> 【無料】釣りビジョンを14日間無料で試してみる

視聴者が一定数集まれば無料期間はなくなってしまう可能性もあるので、この期間をお見逃しなく!




この記事を書いた人

サカナ

サカナ

バス釣り歴13年。関東在住。既婚、4歳の娘と妊婦の嫁が居ますが、週2ペースで隙あらばバス釣りしてます。以前はボートで釣りしてましたが、最近はオカッパリがメイン。ブログでは、今までの経験やノウハウを活かして初心者の方に向けた情報や釣具のレビューなどをテキトーに書いています。詳しくはプロフィールをご覧ください。