にほんブログ村 釣りブログへ にほんブログ村 釣りブログ バスフィッシングへ

ダイワ「ハートランド」のインプレ




日本に数多く存在するバスロッドの中で異彩を放つバスロッド「ハートランド」。

天才村上晴彦氏がプロデュースする、オカッパリアングラーの目線で開発されたハイグレードロッドです。

「より軽く」「より高確率で魚を獲る」というような他のバスロッドが掲げるコンセプトとは少し異なり「いかに気持ちいいバスフィッシング」を目指したロッドで、そのコンセプトが多くのファンを獲得してます。

今回は私のインプレを踏まえて、このロッドを分析していきましょう。

出典:ダイワ

「ハートランド」購入の動機とキッカケ

私が所有しているのはスピニングモデルの冴掛とベイトモデルの疾風七弐TYPE-EASTですが、まず見た目の凛とした美しさに惹かれました。

どこか和風な仕上がりが素敵だと思ったのです。

あと7フィートを超えるロッドが多かったことも、オカッパリアングラーとして魅力的でした。

特徴

最新技術を積極的に取り入れたロッド

「バスを獲る」ことに固執せず、心地の良い釣りをアングラーに届けるようなモノづくりが垣間見れるハートランドですが、ダイワの最先端技術が盛り込まれています。

近年では、エアーガイドシステムなどを積極的に取り入れ、ロッドに独自のフィーリングを与えています。

好奇心の塊である村上晴彦氏の遊び心と最新技術から生み出されるロッドが、ハートランドシリーズなのです。

出典:ダイワ

独自のコンセプトロッドが多い

一般的なロッドシリーズにはないコンセプトのロッドが多くみられるのもハートランドシリーズの特徴です。

ロッド名には、カワスペシャルやキャロライナスペシャルなど聴きなれないものが多くあり、流行に流されない、自分の作りたいものを作るという村上晴彦氏の姿勢が人気の秘密でもあります。

もう生産されていないものも沢山ありますが、古いモデルにも多くのファンがおり、ネットオークションなどでもよく取引されています。

「ハートランド」私のインプレ

私が所有しているハートランドはスピニングモデルの冴掛とベイトキャスティングモデルの疾風七弐 TYPE-EASTというハートランドの中でも人気のモデルです。

どちらも、日本刀のような美しいルックスをしており、所有感を満たしてくれます。

使用感としてはシャープな使い心地でありながら、一度曲がると、とても肉厚な印象を受けます。
この2つの要素は遠投を気持ちよく続ける上で、とてもいい仕事をしてくれます。

カーボンを厚巻きにしたブランクスのロッドが多いので、ハートランドにはこのフィーリングを持つロッドが多いです。

しかし、その分、スティーズなどのシリーズに比べて重くなってしまうことは頭に入れておいてください。

重くても150g程度なので、大したことないですが…

「魚を獲ること」に固執したロッドではないとは言っても、琵琶湖のロクマルを相手にテストが行われているので、実戦における性能に対する心配は全くありません。

気に入らない点

性能に文句なしです。

個人的な好みで言うと、もう少しコルクグリップのモデルも発売して欲しいですね。

あえて気に入らない点を挙げるならそれぐらいです。

「ハートランド」はこんな人におすすめのロッド

こんな人は是非ハートランドシリーズを使ってみてください。

  • 美しいバスロッドが欲しい人
  • キャストやフッキングにも楽しさを感じたい人
  • オカッパリアングラー向けのハイエンドクラスのロッドが欲しい人
  • 村上晴彦ファン

さいごに

見た目の美しさもあることながら、トーナメントロッドに引けを取らない機能性をもったロッド「ハートランド」

今のロッドに物足りなさを感じている方は購入を検討してみてはどうでしょう?

それでは、快適なバスフィッシングを!