ダウンショットリグの使い方(アクション・動かし方)やコツ




ダウンショットリグ

フリックシェイク ダウンショット

ダウンショットリグとは上記の写真のようなリグのことを指す。フックは基本的にマスバリにワームをちょんがけし、リーダーを20cm程取りダウンショット用のシンカーを結ぶ。

ダウンショットはリグ(仕掛け)を作るのに少し時間がかかる。そしてせっかく作ったリグだが、使う場所を考えないと非常に根掛かりしやすいため初心者では嫌煙されがちなリグであるのも確かです。(実際、僕がそうでしたからね・・)

ではこの面倒なリグを「なぜ使うのか?」

というと、じっくり釣りができるため結果的に釣れる魚が増えるからである。また多様な使い方ができるのもダウンショットの特徴なのです。

そんな面倒だけど、威力を知ってしまうと外せないダウンショットについて解説していこうと思います。

なぜダウンショット?

想像してみてください。下記のように水中の沈み物にバスが付いている場合、ダウンショットリグが有効になると思いませんか?

ダウンショットリグ

ダウンショットを使う最大のメリット(釣り方)は、シンカーが下部にあるため、水中の沈み物に引っ掛けて、一点シェイクで誘える点でしょう。

ブラックバスは水中にある沈み物などに付いていることが多いです。その沈み物は、水上に居る釣り人から目視できる物もあれば、目視できない物もあります。

目視できる物というのは誰もが狙うスポットですので、すでにバスが釣られてしまっているかもしれませんし、釣られることを知っているバスはその沈み物を避けて、別の沈み物に付いている可能性もあります。

この時に釣り人から目視できない沈み物であれば、他の人が狙っていない可能性が高い。つまりバスが簡単に口を使ってくれるホットスポットになりうるのです。

目視できないため、その水中にある沈み物を知るにはダウンショットのようにシンカーが下についていて、ボトムを取りやすいリグが最適となるわけです。

ダウンショットリグの使い方・アクション

上記ではなぜダウンショットなのかを解説しましたが、応用して使えば様々な使い方ができるリグとなります。その使い方やアクションのさせかたについて解説していきます。

1. ボトムを取りながらシェイク(もしくはズル引き)させ、物に当たったらその場で一点シェイク

ダウンショットリグ ボトム 使い方 アクション

ダウンショットリグの基本的な使い方は、上記図のようにボトムを取ることが基本となります。

こうした使い方をする場合、ボトムが硬く(ハードボトム)、フラット(平面)な場所に向きます。(初心者の頃はなかなか分かりづらいですが・・)

ボトムを取ることを最優先させるのであれば、アクションさせず、ボトムをズル引きさせると良いでしょう。そして何か沈み物に当たったらその場で一点シェイクして誘う。

地味ですが、この動作を繰り返すことで釣果につながりますし、そのフィールドの沈み物をピンポイントで知ることも可能です。

ズル引きよりも強くシェイクさせたほうがワームが動くため、バスへのアピール力は強くなります。

2. 中層スイミング(中層をシェイクさせながら引きミドストのように使う)

ダウンショット 中層 使い方 アクション

ダウンショットリグの優れた点は、点の釣りだけでなく線の釣りができ、ボトムだけでなく中層を探ることもてきることです。

私はボートでのバス釣りも多く行いますが、ハイシーズンはバスが浮いていることが多いため、ダウンショットリグを中層で使っています。

この使い方はシンカーを支点として、ワームの移動距離を少なくさせ、かつ横に移動させることができるため、バスが捕食しやすいのです。言い換えれば無防備なベイトがフラフラ泳いでいるような感じを演出できるのです。

この中層スイミングの釣りは、ミドストと同じようにロッドアクションさせるため、私の中ではミドストとほぼ同じに捉えています。

またミドストのように中層スイミングで使うため、使うワームは3インチ前後のピンテール系、もしくはシャッドテール系のワームがおすすめです。

ピンテール系ならジャッカルのクロステールシャッドROBO(2.5インチ)がおすすめです。

シャッドテール系ならゲーリーヤマモトのレッグワーム(2.5インチ)がおすすめです。l

3. リアクションバイトを誘発させる

ダウンショット リアクション

ダウンショットリグはバスの食い気のない時に無理やり口を使わせるリアクションの釣りでも多く使われます。

ロッドアクションに関しては、ロッド小刻みに「ピッ」「ピッ」と、上下に動かしアクションさせます。

誘うと言うよりも思わず口を使わせるイメージなので、リアクションで使う場合、リーダーの長さは約10cmくらいと、通常よりも短くさせるのがコツです。

放置させる

ダウンショットリグでは、時にワームを動かさず、その場に放置させることでバスがバイトしてくることがあります。

放置するシチュエーションは、プレッシャーがかかっている時などに、多用します。

主にGWや夏休みなどの連休明けなどはプレッシャーが過度にかかっているため、バスとの距離も取り、かつワームを動かさず放置させることで初めてバスがバイトするなんてことが実際にあります。

ドリフトさせる

ドリフトとは、主に川など流れがあるフィールドでの流し釣りのことを指します。

ルアーを投げて、流れにまかせてルアーを流すだけ。

この釣り方は人間による無理な操作がないため、ルアーがより自然な形で流れていく=バスにとってはエサが上流から流れてきたというのを演出できるわけです。

ドリフトさせる時は、流れの強弱に応じて、シンカーの重さを調整するのがコツです。

根掛かりの多い場所であれば、シンカーの形状をラウンド型ではなく、ナス型のすり抜けの良い形状を選ぶと良いでしょう。

ダウンショットリグでのフッキングについて

スピニングタックルでダウンショットリグを扱う場合、気をつけて欲しいのがフッキングです。

スピニングタックルでのダウンショットリグでは基本細軸のマス針を使うことが多いため、力を一気に入れるようなフッキングよりも、「グググググーーーっ」っと初期掛かりから、徐々にフックが深く刺さって行くようなイメージでフッキングするのが良いでしょう。

よくスイープにフッキングするなどと言いますが、まさにそれです。

ダウンショットリグで釣るためのコツ

ダウンショットリグで釣るためのコツとしては、その日のバスの状態がどんな状態かを掴むことが全てと言えるでしょう。

ダウンショットリグ一本でその日にバスを釣ることを想定した、私の動きはこうです。

  1. まずは中層スイミング(ミドスト)で横方向に広く探る(活性が高ければバスは活発にベイトを追っているはずですので、横方向の動きに反応してくるからです。)
  2. 次に試すのは、ボトムを横方向に探る釣りです。まずはシェイクしながら早めにボトムをサーチ(1では中層でしたが、レンジが下がっている可能性があるため、次はボトムを横の動きでサーチします。)
  3. 1,2でダメならボトムをシェイク又はズル引きさせながら引き、沈み物に当たったらその場で一点シェイクして誘うか、もしくはその場で放置させます。
  4. ロッドアクションでルアーを動かして誘ってもダメなら、バスがいそうなスポットにルアーを送り込んで、最終手段としてリアクションで無理矢理口を使わせます。

このように同じスポット、同じコースであっても、アクションを変えることで釣れることがあるため、それはイコールその日のバスの状態わ分かるという事でもあるのです。

コツについてまとめると、同じスポット、同じコースでも、アクションに変化をつけて釣ってみてください!ということになります。

ダウンショットリグの結び方

ダウンショットリグの結び方については、下記の動画が参考になりましたので貼り付けておきます。

スピニングタックルでラインの太さが3lb〜4lb程度の場合、デカいバスを掛けた後にラインブレイクしちゃわないよう、フックに結ぶノットはパロマーノットがおすすめです!

このパロマーノットは青木大介プロも実践していて、強度的にも安心できるノットです。

下記動画は私が最もおすすめするノット「パロマーノット」を動画に撮りYouTubeにて公開したものですので参考にしてみてください!!

ダウンショット シンカーの形状

一つ目はラウンド型のシンカーで、ダウンショットに使用するシンカーと言えば通常はこのタイプを使用すれば良いでしょう。ダウンショットではボトムを取る使い方が多いリグですが、ラウンド型のシンカーはボトム感知能力に優れています。

ダウンショット シンカー 形状 ラウンド型

二つ目はナス型のシンカーで、ラウンド型に比べるとすり抜けが良いのが特徴です。引っかかりが多い場所などで使用すると良いでしょう。

ダウンショット シンカー 形状 ナス型

ダウンショット シンカーの重さの使い分けについて

ダウンショットで意外と悩むのが「シンカーは何グラムのものを使えば良いのか?」ということ。販売されているダウンショットシンカーの重さは、下は0.9gから、上は重くて10g程度まででしょう。

そういった中でシンカーの重さを状況によって選んでいくわけですが、スピニングタックルでは0.9gから2.4g程度まで。

ベイトタックルでは3.5g〜の重さを使います。(ヘビーダウンショット。略してヘビダンというやつです。)

スピニングタックルで使用する場合、1.3gをひとつの基準に置くと良いです。もし1.3gでボトムが取りづらいようであれば、1.8gに上げる。リアクションで仕掛けたい時は2.4gに上げる。根掛かりしやすい場所であれば0.9に下げる。基本こんな感じのイメージで、後は経験から状況判断していけるようになっていくでしょう。

当然ながらシンカーが軽ければ根掛かりしにくいですが、ボトム感知は重いほうが取りやすいです。

ただあまり重いシンカーを使うと水中でバスが嫌がる可能性が高いので、注意が必要です。

私のおすすめのシンカーはジャッカルのタングステンシンカーです。バリエーションも豊富ですし、タングステンによるボトムの取りやすさはピカイチです。

さいごに

今回は初心者向けコンテンツとして解説しましが、ダウンショットリグは非常に奥が深いです。

スピニングタックルで扱うダウンショット、ベイトタックルで扱うヘビーダウンショット(シンカーの重さが3.5g〜)でも使う場所や使い方も変わりますし、フックに直接シンカーを付ける直リグなどはダウンショットとも言えるでしょう。

初心者の方は「まずはしっかりボトムを取る」そして「なにかに引っかかったらその場で誘う」このことに注力してみてください。

バスを釣ることについてボトムを取ることは非常に重要となります。そして障害物に付く習性のあるバスを釣るには、その場で点の釣りを行うことが必要となるのです。

ダウンショットリグの使い方(アクション・動かし方)やコツ

2018.01.07




ABOUTこの記事をかいた人

サカナ

バス釣り歴12年。関東在住。既婚、3歳の子どもが居ますが、週2ペースで隙あらばバス釣りしてます。以前はボートで釣りしてましたが、最近はオカッパリがメイン。本メディアでは、今までの経験やノウハウを活かして主に初心者の方に向けてバス釣りに関する役立つ情報を作っていきます!