にほんブログ村 釣りブログへ にほんブログ村 釣りブログ バスフィッシングへ

チャターベイト私のおすすめランキング6選!!カラーやトレーラーワーム




サカナ

バス釣りの歴史で考えるとチャターベイトの出現は比較的最近の出来事です。

そのルックスは、ラバージグにブレードを取って付けたようなシンプルなルックスで、私も初めて見た時、素人がテキトーに改造したルアーかと思ったほどです。

実際にアクションを動画で見ても、「悪くはないけど、自分には必要不可欠ってほどじゃないな」というのが正直な感想でした。

しかし、プロがトーナメントで使用するなど、とてつもないポテンシャルを持ったジャンルだということが認知され、現在、日本のバスフィッシングにとって定番のルアーとなり、数多くのチャターベイトが発売されています。

今回はそんなチャターベイトのオススメをセレクトしランキング形式で紹介するとともに、カラーセレクトやマッチするトレーラーをご紹介したいと思います。

チャターベイトのトレーラーについて

デプス Bカスタムチャター デスアダー

チャターベイトはトレーラーで動きがガラリと変わってしまいます。

ですので、スピナーベイトやバズベイトのように何となくフィットするシルエットのトレーラーを選んでいては釣れないチャターベイトが生まれてしまうかもしれません。

まずチャターベイトには千鳥系と直進系があるので、いまから使おうとしているチャターベイトがどちらに属するかを把握するところから始めましょう。

直進系チャターベイト

直進系は読んで字のごとく、タダ巻きするとバイブレーションしながら、まっすぐアングラーの元へ向かってくるチャター。このタイプにはストレートタイプかシャッドテールタイプのトレーラーが一般的。よほど大き過ぎたり小さ過ぎないない限り大丈夫です。

しかし超高速リトリーブでバスにリアクションバイトさせるという特技を兼ねそろえたチャターには少しトレーラー選びにシビアになっていただきたいです。水を掴みすぎるワームだと高速リトリーブ時にとてつもなく疲れます。経験上、超高速リトリーブでバスにスイッチを入れるルアーは巻き抵抗が大きいと釣れないです。なぜかはうまく説明できないですが、クランクベイトの超早巻きってあまりないですけど、シャッドやミノーの高速リ巻きはデカバス捕獲の有効テクとして有名ですよね?

そういうことです(笑)

でも、そういった「なぜかわからないけど」というのはバス釣りにおいてとても大事。なぜかわからないけど釣れるカラーなどもたくさんありますよね。

ですので、超高速リトリーブでチャターを使いたいなら、抵抗の少ないストレートワームあたりを選択するのが無難かと思います。

1インチ大きさを変えたり、リブの有無でだいぶ巻き心地が変わるので、マイベストを求めていろいろなワームを試してみてください。

千鳥系チャターベイト

そして、さらにトレーラー選びにシビアにならなければならないのが千鳥系。

タダ巻きすると、直線起動の中で瞬間的バランスを崩し、次の瞬間にはまた直線起動に戻るというアクションを繰り返すタイプです。

このタイプはトレーラーのセッティングがベストでないとうまく千鳥アクションをしてくれないのです。

ストレートワームをまっすぐ刺すのが基本ですが、ちょっとしたリブの深さなどで動きが大きく変わるので、試行錯誤してそのチャターに合ったベスト千鳥セッティングを見つけましょう。

と言っても、数えきれないワームがあるので、まずはプロのセッティングを参考にすることをお勧めします。

チャターベイトのカラーセレクトについて

私はカラーセレクトに関しては特別難しく考えていません。フラッシング系か黒系、白かチャート、この4つから選ぶくらいの気持ちで大丈夫だと思います。

ひとつ慎重になることといえば、フラッシング。バスがフラッシングを嫌がってる感じがある場合を、ブレードさえ黒くペイントされたチャターを使います。

ブレードを黒で塗りつぶした事例といえば、福島健プロがモグラモスチャターを使ってJB旧吉野川戦で優勝を飾った際、ブレードをマジックで黒く塗りつぶしていたことが有名です。

私もブラックブルーのブラックブレード仕様のチャターベイトが常に一軍ボックスに待機しています。

現在モグラモスチャターにはブラックブレードがラインナップされていますので1個持っておいてはいかがでしょう?




私が選ぶチャターベイトおすすめランキング6選

それでは私が選ぶおすすめのチャターベイトをランキング形式で紹介していきます。

6位 フラッシュユニオン「フラッシュジャンパー」

まず紹介するのはフラッシュユニオンの「フラッシュジャンパー」。日本でも数本の指に入るであろうルアービルダー藤木淳プロの力作です。

華麗な千鳥アクションに加えて、幅広いリトリーブスピードにできるチャターベイトで、ガードが無いにも関わらず、少々のカバーなら、独自のヘッド形状で躱してくれるという代物。

チャターベイトがまだよくわからないけれど、千鳥アクションを体験してみたい方にオススメです。

まずは軽めのウエイトを選んで表層付近でルアーがチドるのを目で楽しんでみてください。

フラッシュジャンパー動画

5位 エバーグリーン「ジャックハンマー」

トータルバランスに優れた清水盛三プロデュースのチャターベイト「ジャックハンマー」。

直進性能を高めたチャターですが、リーリングの強弱やロッドワークを駆使すれば、千鳥アクションに近いダートを演出することができます。

ストレートワームとの相性はもちろん、ありがたいことに少々大きめのシャッドテールをトレーラーに選んでもテールの抵抗に負けず力強いアクションとサウンドを放ち続けてくれます。

スローリトリーブからファストリトリーブまで対応し、モリゾープロはかなり早巻きで使っているのをよく見かけます。スキッピングを得意とする点も他のチャターベイトにはなかなか見られない特徴です。

巻き抵抗は軽めで、チャターベイト入門にはもってこいだと思います。ウエイトのラインナップも豊富でオカッパリアングラーからボートで釣りをする方まで誰でも扱い易いチャターベイトです。

ジャックハンマー動画

4位 ディースタイル「Dブレード」

最強アングラー青木大介プロが手掛けるブランド「D STYLE(ディースタイル)」から発売されているチャターベイトがDブレードです。

このチャターは直進専用設計ですが、注目すべきはそのハイピッチアクション。

ただでさえハイピッチなチャターベイトですが、それをさらにハイピッチに特化したものへと進化させたチャターと言っていいでしょう。

超ハイピッチな物体が高速で目の前を横切ると、超クレバーなバスでさえリアクションバイトてしまうことがよくあります。

フィネススタイルを得意とする青木プロらしい、「賢いバス」をターゲットに絞ったチャターと言えるでしょう。

チャターにはあまり適さないといわれるガードも、独自の形状を採用することで、フッキング性能を下げることなく、カバーを攻めることのできるチャターベイトに仕上がっています。

シャッド感覚で使えるチャターなので、チャターベイトに抵抗があるという方に使って頂きたいです。

Dブレード動画

3位 OSP「ブレードジグ」

第5位に紹介するチャターベイトはOSPの「ブレードジグ」です。

ルアーを見てわかる通り、他のチャターと大きく違うのはブレード。よくある金属ブレードではなく、透明な樹脂製のブレードが装着されています。

このブレードによって金属のフラッシングや強いサウンドが抑えられ、ナーバスな日本のバスにも口を使わせることができるのです。

また、このチャターは千鳥アクションを発生させることができますが、その千鳥アクションも他のチャターと違ってヌメヌメした生命感を放ちます。特にスローリトリーブでは、長いスカートがとても艶かしく動き、他のチャターベイトにないナチュラルな魅力が長所です。

またもうブレードジグはレンジキープがしやすいヘッド形状になっており、1/4oz〜5/8ozまでと幅広いウェイトのラインナップがあるため、オカッパリでのシャローから、ボートで深い場所を狙うにも最適なルアーです。

チャターベイトが定着した現在の日本のフィールドにこそ必要なチャターベイトと言えるでしょう。

ブレードジグに最適なトレーラーワーム OSP「ドライブスティック4.5 スペック2」

ドライブスティック スペック2

ブレードジグ動画

とてもナチュナルでしょ?

2位 デプス【Bカスタムチャター】

次に私がおすすめするチャターベイトはデプスの「Bカスタムチャター」です。

Bカスタムチャターの特徴は「カタカタ」「コトコト」と音がなる点です。木村健太氏(キムケン)も言っていましたが、Bカスタムチャターは音と存在感でバスに気づかせ、バスの上を通過させて食わせるイメージで使っています。

Bカスタムチャターは他のチャターベイトにはない「音」を響かせますので、クリアウォーターではバスへプレッシャーを与えてしまうため、私は濁った水質でしか使っていません。

使いどころとしては濁っていて浅くて広いフィールドが良いでしょう。皿池などに多く見受けられる状況ですが、こうした状況下でのサーチベイトとしてはスピナーベイトよりも食わせ能力の高いチャターベイトを使用しています。

また台風後の急な濁りなどでは最強で、過去にリザーバーのインレットにBカスタムチャターをぶち込み、GOODサイズのバスを連発させた経験があります。(下記はその一部の写真)

Bカスタムチャター デスアダー5インチ

Bカスタムチャターに最適なトレーラーワーム デプス「デスアダー5インチ or 6インチ」

デスアダー 6インチ ブラック

Bカスタムチャター動画

1位 イマカツ「モグラモスチャターシリーズ」

このチャター抜きでチャターベイトは語ることはできないと言っていいほどの存在。

このルアーが無ければ、今日これほど多くのチャターベイトが釣具店に並んでいないでしょう。上記しましたが、福島健プロもこのルアーをトーナメントで使用し、見事優勝を飾りました。

プロが自身が契約していないブランドのルアーをトーナメントで使うということが如何にこのルアーが優れているかを物語っています。

様々なタイプのモグラチャターがありますが、いずれもキレのある千鳥アクションが持ち味です。

この独自の千鳥アクションがバスのスイッチを入れ、狂ったようなバイトを誘発します。私も実際、数多くのバスが物凄い勢いでこのルアーに喰らいつくのを目撃しています。

まず試していただきたいのは、モグラモスチャター・パーフェクション・スーパーブレード。全国のフィールドにマッチし、タックルも選ばないチャター。その千鳥アクションは秀逸。トレーラーにはジャバシャッド4.5inが最適です。

ウッドルアーのように個体差があり、アタリを引けば爆釣間違いなし!
トレーラーの刺し方やスカートのカット、間引きで自分好みのアクションに育てることもできるルアーです。

モグラモスチャター・モンスター動画

モグラモスチャター・モンスターの動画があったので貼っておきます。1分30秒あたりのアクション動画を観れば、モグラモスチャターのキレのあるアクションが理解できるはずです。

ちなみに、このモンスターは広範囲をスピーディーにサーチしたい状況にオススメです。

さいごに

サカナ

今回のチャターベイトの記事は参考になりましたでしょうか?

一見、どれも似たようなルックスですが、「静」と「動」、全く逆の特性を各々が持っている面白いルアーです。

うまく使い分けることで、間違いなく楽しいバスフィッシングが展開できるので、是非この機会に!

一発デカバス狙いのチャターベイト!その使い方やテクニックを解説

2016.10.11






チャターベイト

ABOUTこの記事をかいた人

サカナ

バス釣り歴12年。関東在住。既婚、3歳の子どもが居ますが、週2ペースで隙あらばバス釣りしてます。以前はボートで釣りしてましたが、最近はオカッパリがメイン。本メディアでは、今までの経験やノウハウを活かして主に初心者の方に向けてバス釣りに関する役立つ情報を作っていきます!