ダイワ「タトゥーラSV TW」のインプレ

  • ブックマーク
  • Feedly
  • -
    コピー

今や日本のアマチュアアングラー支持をから絶大な支持を得ているダイワのタトゥーラシリーズ。

このリールが元々は海外向けに開発されたもので、評判の良さから日本に逆輸入されたものだと知らない人もいるのではないでしょうか?

それくらい、日本でも定番となったタトゥーラにダイワの技術が注ぎ込まれたSVスプールを搭載したのが、今回ご紹介する

「タトゥーラSV TW」。

私のインプレを交えてご紹介していきます。

「タトゥーラSV TW」購入の動機とキッカケ

フロッグ用とクランクベイト用に1本ずつダイワのブラックレーベルを新調した際にリールが必要になったのがキッカケです。

基本的には、フラッグシップモデルが好きなのですが、フロッグとクランクは私のスタイルにおいて、必要だけれど頻繫に出番がある釣りではないので、その為に5万円以上するようなロッドを2本も買う気にはなれず、コスパに優れたモデルを選びました。

それに伴って、リールもある程度コスパに優れながらも、高いパフォーマンスを発揮してくれるものが欲しいと考え、同じダイワのタトゥーラSV TWを選びました。

出典:ダイワ

特徴

Tウイングシステム

クラッチをオフにすることでT字型のレベルワインダーが半回転し、横幅の広い部分が姿を現します。このワインダーにより、キャスト時のライン抵抗が軽減され、飛距離がアップ。ピッチングもストレスなく継続できます。

リトリーブ時には、レベルワインダーは収納され、従来のレベルワインダーと同じフィーリングでリトリーブを続けることができます。

スティーズやジリオンといったフラッグシップモデルにも搭載されている機能です。

SVコンセプト

ダイワのベイトリールと言えばSVコンセプト。

SVはスーパーバーサタイルの略で、ダイワのマグネットブレーキシステムを高次元で更に進化させたものです

軽量級から重量級のルアーを高次元で扱え、バックラッシュも少なく、スキッピングやピッチングもストレスなく可能にしてくれる万能な機能です。

このコンセプトもジリオンやスティーズに採用されていることから、そのポテンシャルの高さが窺えます。

コンセプトボディー

コンパクトながらも、剛性の高いボディーは激しい使用にも性能を維持したまま耐え忍んでくれます。

オカッパリアングラーには必要不可欠なメリットと言えるでしょう。

「タトゥーラSV TW」のインプレ

私はギア比の違うタトゥーラSV TWを2台所有しています。

まず、初めて手に取った感想はコンパクト。

もちろん、フラッグシップモデルのスティーズに比べれば重く感じますが、パーミングがし易いことで、重さはあまり感じません。

ボディーの剛性もフロッグを使用するのに問題なし。

ジリオンTWで、初めてTウイングシステムを体験した際、ラインの滑り出しの良さにバックラッシュをしたこともありましたが、このタトゥーラSV TWはSVコンセプトのおかげで、ラインはスムーズに出るのにバックラッシュし難く良いこと尽くし。

クランクを逆風で投げる際もテンポを崩さず、気持ちよくサーチしていけます。

よくよく考えみると、ボディー以外はダイワのフラッグシップモデルとほとんど変わらないので、高性能は当たり前ですね。

気に入らない点

強いて言えば重さですが、コストを考えると仕方ないし、それを凌駕する性能があるリールだと思います。

「タトゥーラSV TW」はこんな人におすすめのリール

こんな人は是非一度タトゥーラSV TWを使ってみてください。

  • コスパに優れながらもフラッグシップモデル並みの性能を味わいたい人
  • 激しい使用に耐えれるリールが欲しい人
  • オーマイティーに使えるリールが欲しい人

さいごに

今やフラッグシップモデル以上の人気があるタトゥーラシリーズ。

このSVコンセプトを取り入れたモデルは誰にでも扱い易い優れものです。
1台あれば、幅広い釣りをカバーできますよ。



この記事を書いた人

アバター

ビッグバイト

バス釣り歴16年のベテランバサー。東播野池群を中心にビッグベイトやデカ羽根モノルアーなどでデカバスを狙ってます。