ジャッカル「ライザーベイト」のインプレ

  • ブックマーク
  • Feedly
  • -
    コピー

2017年彗星のごとくバスフィッシング業界に現れた新ジャンルルアー「ライザーベイト」。

カテゴライズするならシンキングトップウォーターと言ったところでしょうか(ジャッカルのウェブサイトではミノーとなっていますが)。

発売以来かなりの人気でなかなか手に入りません。

まだ使ったことがないけれど、興味があるという人の為に、実際使用したインプレをご紹介。

ライザーベイト購入の動機とキッカケ

単刀直入に言えば、目新しいものへの好奇心が100%です。
見たことのないデザインでしたからね。

そして動画を観る限り、アクションも素晴らしく、逃げ惑う小魚そのものだったことも大きな要因です。

特徴

出典:ジャッカル

ライザーリップ

特徴は何といっても、他に類を見ないリップ「ライザーリップ」

このルアーの核ともいえるこのパーツは、従来のような潜るための物では決してありません。
キャスト後、水中から急浮上するためのリップなのです。

つまり、このリップがあるからこそ、ライザー(上昇)ベイトなのです。

シンキング

水面を攻めるルアーであるにも関わらずシンキング仕様。

しかし、シンキングにすることで水中から水面に急上昇するというアクションが可能になっています。

また、小さなボディーでありながら爆発的な飛距離を実現できました。

出典:ジャッカル

「ライザーベイト」のインプレ&使い方

私はスピニングタックルにフロロを巻いて使用。

できるなら、PEの方が飛距離を出せるはずですが、多様性を重視してフロロにしています。

ラインを水面につける、ペンシルやポッパーと違い、常に高速リトリーブするので、フロロでもアクションに支障はありません。

アクションはまさに水面を逃げ惑う小魚です。

バスも本気で喰ってくるので、フッキングも問題なし。

ただ、やはり野池では、オイカワやワカサギのようなベイトフィッシュがいないので、バスが水面を逃げ惑う魚に冷めており、出番は少なくなっています。

ハイシーズンの川やリザーバーなら間違いなく楽しいトップゲームが可能でしょう。

気に入らない点

巻けるレンジも水面だけでステイもできないので、用途が狭いところが少し残念だと思いました。
オカッパリアングラーなので、どうしても多用途なルアーを使いたくなってしまいます。

あと、これは仕方ないですが、スナッグレス性能が心配になります。

ライザーベイトはこんな人にオススメのルアー

こんな人は是非一度ライザーベイトを試してみてください。

  • 新感覚の水面ゲームを楽しみたい人。
  • スリル満点の釣りがしたい人。
  • ロングキャスト&タダ巻きの小細工なしな釣りがしたい人。
  • 魚が我を忘れてバイトする瞬間を見たい人。

さいごに

バーサタイルとは言えませんが、このルアーにしか釣ることのできない魚が必ずいます。

夏のエキサイティングなサーフェイスゲームに是非使ってみてください。

それでは、快適なバスフィッシングを!



この記事を書いた人

アバター

ビッグバイト

バス釣り歴16年のベテランバサー。東播野池群を中心にビッグベイトやデカ羽根モノルアーなどでデカバスを狙ってます。