にほんブログ村 釣りブログへ にほんブログ村 釣りブログ バスフィッシングへ

ファットラボ「ネコソギDSR」のインプレ&おすすめの使い方




近年、ローカルだったルアーが琵琶湖を中心に全国的な人気を得ている実例が多くあります。

有名なところで言うと、DRTのクラッシュ(タイニークラッシュの方が人気ですが)やエレメントのダヴィンチ、そして今回ご紹介するネコソギです。

見た目は一般的なリップ付きビッグベイトですが、冬の琵琶湖でも驚異的な釣果を叩き出しているルアーです。

しかし、人気に加え大手メーカーから発売されているわけではないので、なかなか店頭で見かけません。
どんなルアーか気になる人の為に、今回はインプレを交えてご紹介しましょう。

「ネコソギ」購入の動機とキッカケ

元々興味はあり、店頭で出くわすこともあったのですが、なかなか購入に踏み切れずにいました。

しかし、あるとき某オークションサイトで、ネコソギDSRを含んだビッグベイトセットを発見。
ネコソギ以外のルアーも、なかなかの粒ぞろいだったので思い切って購入しました。

出典:Phat Lab

特徴

リップ

ネコソギにはいくつかの種類があります。

スタンダードモデルであるDSR(デッドスローリトリーブ)、シャローを攻めるXXX。
とくにDSRのリップは、これまでのビッグベイトにはあまり見られない形状のリップでした。

このリップにより、デッドスローリトリーブでも水をしっかり動かし、障害物回避能力にも優れています。

ジョイント

シングルヒートンジョイントでボディーの間隔は狭く設定されています。

普通のビッグベイトだと少しタイト過ぎるように感じるセッティングですが、デッドスローリトリーブではユッタリと艶かしいアクションに繋がります。

リップ付きにも関わらず、少しタイトなS字アクションのようなアクションです。

「ネコソギDSR」私のインプレ

実は、まだこのルアーでは釣っていません(汗)
が、とてもよくできたルアーだと思ったのでインプレさせていただきます。

ユニークなカラーリングですが、ルアー自体は無駄なパーツもなく、そぎ落とされたデザインとなっています。

驚いたのは、ジョイントがタイトなこと。

デッドスローリトリーブで扱うので、てっきりゆっくり巻いて大きく動くようにセッティングされていると思い込んでいました。

実際に泳がせてみるとそのアクションはユッタリと超タイトなS字アクションのようでした。

ジョイクロをラインテンションを掛けずに、たるませ引きしたようなアクションに似ています。

琵琶湖のおかっぱりのような遠浅エリアを遠投し、これほどナチュナルなアクションを足元まで持続させることができるのですから釣れるわけですね。

ジョイクロではこれをしようとおもうと、レンジキープが難しくアクションにムラが生まれるだけでなく、かなりロストのリスクが高くなってしまいます。

この手のビッグベイトに馴れていない人は地味な動きだと思うかもしれませんが、私から見ると釣れる動きです。

水面を巻いたり、サブサーフェイスでバイトの見える釣りを楽しむルアーではないことを頭に入れておきましょう。

その場合はXXXモデルが有効だと思います。

長めのリップのおかげでカバー回避性能も十分。
しかし、浮力が弱いルアーなので、早巻きで使用するとガッツリ根掛かるかもしれません。
まぁ、早巻きでは本来の魅力的なアクションもでないので、早く巻くメリットはない気がします。

ロッドはXHクラスが好ましいでしょう。
ラインはフロロカーボンの16lbで使用しています。
リールはローギヤの方が、ストレスなくスローリトリーブを継続できるでしょう。

私の使い方

私はネコソギをこうやって使います。

  • 低水温期のデッドスローリトリーブ→スローなデカバスをバイトに持ち込む。
  • カバーにコンタクトさせて、ヒラ打ち→カバーにつくスローなバスをリアクションバイトに持ち込む。
  • ここぞというスポットでサスペンド→バスを焦らしてバイトさせる。

気に入らない点

デッドスローリトリーブの釣りに特化したルアーということは、逆を言えば多様性に乏しい。
オカッパリではある程度1つのルアーをいろんな使い方をしたいですね。

あと、私はまだ感じていませんが、かなりボディーが脆いとのこと…
これは是非とも改善していただきたいです。

「ネコソギDSR」はこんな人にオススメのビッグベイト

こんな人は是非一度ネコソギDSRを使ってみてください。

  • デッドスローリトリーブで使えるビッグベイトが欲しい人
  • 低水温期でもビッグベイトで釣りたい人
  • インディーズルアーに挑戦してみたい人
  • デカバスを釣りたい人

さいごに

なかなか手に入らないルアーではありますが、使いこなせれば年中戦力になるルアーです。

特に琵琶湖で釣りをする人は購入してみてはどうでしょう?