ネコリグのシンカー!重さは?木ネジでも良い?抜ける

  • ブックマーク
  • Feedly
  • -
    コピー
ドライブクローラー ネコリグ

ドライブクローラー ネコリグ

雑誌やyoutubeでプロがネコリグでバスを釣っていて、自分もネコリグを初めてみたい!と思い調べてみたが、ネイルシンカーの重さは何グラムを選べばいいの?またどこのメーカーのシンカーがおすすめなの?

本記事ではそんな方の疑問を解消していきます。

ネコリグに使用するシンカーは先の尖った「ネイルシンカー」

ネコリグ(仕掛け・リグ)を作る際、ワームの頭側に埋め込むための先の尖ったネイルシンカーと呼ばれるシンカーが必要となります。

ネコリグの仕掛け自体はワームとフックとネイルシンカーがあれば、簡単にリグることができるため難しく考える必要はありません。

[kanren postid=”6142″]

重さは何グラムを使えば良いの?

初心者の方は何グラムの重さのネイルシンカーを使えば良いのか?(買えば良いのか?)で初めは迷うと思います。

このシンカーの重さに関しては、ワームの大きさやその時の状況によって変わりますが、下は0.5g、上は2.4gまでを目安に各種ウェイトを揃えておくと間違いないです。

私が実際に使用し、かつおすすめするネイルシンカーはジャッカルんおネイルシンカーです。

様々なネイルシンカーを使ってきましたが、ジャッカルのネイルシンカーが一番刺しやすく、抜けずらいです。

ウェイトのラインアップは下記のようになっています。

この中で私は0.45g〜2.2gまでを各種持ち歩いて、その時の状況に応じて使い分けています。

[amazonjs asin=”B00XO6WD0W” locale=”JP” title=”JACKALL(ジャッカル) JKタングステンカスタムシンカーネイル 1.8g(1/16oz)5個入”]

ネイルシンカー選びの例

3インチから3.5インチのストレートワーム

ドライブクローラー3.5インチ

上記はOSPのドライブクローラー(3.5インチ)ですが、3インチ程度のストレートワームは得てして小さく細身のものが多いため、0.45g〜0.9gのネイルシンカーを使用しています。

私の場合、基本0.45gを使用し、風が強い、水深が深い場合に0.9gのネイルシンカーを入れています。

4インチから5インチのストレートワーム

4インチのカットテールや5インチのブレーバーなど多くの人が使うであろうサイズのストレートワームには、1.3gをベースに使うのがおすすめです。

私の場合、1.3gをベースにし、水深や流れがあるなどの場合は1.8g、リアクションで使いたい場合などは2.4gに重さを上げて使っています。

木ネジでも良い?

ネイルシンカーの代わりにホームセンターなどで売っている木ネジを使う人もいますが、私は使っていません。

コストパフォーマンは高いですが、市販のネイルシンカーはタングステンを使用している場合が多く、同じ大きさに対する比重が高いため、邪魔にならずかつボトムをしっかり取れるので、私はあくまでも市販のネイルシンカーを使用しています。

高いといってもさほどではないですし、こんな所をセコっても意味がないと個人的には感じます。

[kanren postid=”6142″]
[kanren postid=”5459″]
[kanren postid=”6856″]
[kanren postid=”5455″]
[kanren postid=”6851″]
[kanren postid=”6833″]



この記事を書いた人

サカナ

サカナ

バス釣り歴13年。関東在住。既婚、4歳の娘と妊婦の嫁が居ますが、週2ペースで隙あらばバス釣りしてます。以前はボートで釣りしてましたが、最近はオカッパリがメイン。ブログでは、今までの経験やノウハウを活かして初心者の方に向けた情報や釣具のレビューなどをテキトーに書いています。詳しくはプロフィールをご覧ください。