サカマタシャッドのインプレ!釣れる使い方はフックのセットにコツあり

お役に立てた記事でしたら、Facebookのいいね!やツイートなどシェアをよろしくお願いします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサーリンク

サカマタシャッド6インチ

2015年にデプスから発売されたサカマタシャッド。

購入したにも関わらず、使い方が分からないし、使ってみたけどなんかイマイチ・・と、タックルボックスの肥やしになっている人も多いのではないでしょうか?

何を隠そう僕もそのうちの一人でしたが、最近になって使い込んでみたところ驚くべき釣果をもたらせてくれたので、今回はいちユーザーとしてインプレしたいと思います。

サカマタシャッドの使い方

サカマタシャッド 使い方

デプスのウェブサイトサカマタシャッドのページを見ると「跳ね上がるダートアクション」とキャッチコピーが付けられています。こうしたキャッチコピーは以外とみんなスルーしてしまいがちですが、サカマタシャッドの特徴を表した最適な言葉だと思います。

なぜなら僕がホームとしているリザーバー(通称デスレイク)でサカマタシャッドを試したところいとも簡単にバイトを引き出せてしまったからです。

まさに跳ね上がるダートアクションが効いたのだろうと確信。メーカーのウェブページもよく見ておくものだなと痛感させられました。

で、肝心の使い方ですが、サカマタシャッドはデスアダーのようにフォールで食わすなどの使い方ではありません。※そもそも塩があまり入っていないので大してフォールしていきません。

イメージ的にはミノーやジャークベイトのような使い方で、トゥイッチやジャークして使います。

投げて着水したら、1回〜3回程度トゥイッチorジャークさせたら止める。これがサカマタシャッドの基本的な使い方です。

僕の場合、2回トゥイッチorジャークさせては止めの繰り返しで使っています。

ちなみに左右に綺麗にはスライドしません。このイレギュラーなところがバスの本能を刺激しバイトさせるのだと思います。

注意点1 少し尻上がりになるようフックをセットすること

サカマタシャッドでよりおおくのバスを釣るためにコツとして、少し尻上がりになるようフックをセットすることです。

こうすることで、ルアーが水面に飛び出るようなアクションが出るからです。

キャッチコピーでもある「跳ね上がるダートアクション」とは、まるでベイトフィッシュが水面に逃げるような動きのことを指しているのでしょう。

周囲に何もない場所では、バスがベイトを追い詰められるのは水面だけ。イコール普段から捕食している自然な動きなのです。

注意点2 バイトが出るタイミング

サカマタシャッド 使い方

1回〜3回程度トゥイッチorジャークさせたら止めての繰り返しで手前に引いてくる使い方ですが、この使い方だとバイトが少し分かりづらいです。

なぜならバイトが出るタイミングが、ルアーを止めたタイミングに多くバイトしてくるからです。ルアーを止めると表現してますが、実際には水中でルアーはダート(スライド)し、そこからふんわりとフォールしていきます。このタイミングでバスはバイトしてくるのです。

すなわちラインがたるんだ状態ででバイトが出るため、バイトを取りづらいわけです。

よってサカマタシャッドを使ううえで注意する点といえるでしょう。

とはいえ逆に言えば、このバイトが病みつきになってしまう危険性もありますので注意してください(笑)

サイトでも使えるサカマタシャッド

サカマタシャッド6インチ

サカマタシャッドを使い込んで驚いたのが、ボートで通りすがりのバスにも捕食のスイッチを入れてしまったことです。

通りすがりのバスというのは、エレキを最大スピードで踏んでいる時に遭遇してしまい、バスが完全にこちらの存在に気づいてしまった状態の時です。こうした時というのは普通にルアーを投げても絶対に口を使ってくれません。(いままで唯一ビッグベイトが効いたことがありましたが)

こうしたバスに対し、サカマタシャッドを1〜2m近くにサカマタシャッドを投げて、ピッピッとアクションさせたところ、バスがルアーに気づきパクッと口を使ってくれたんです。

これはかなりの発見だったため、今後の武器にしようと考えています。

他のワームでも代用できるのか?

現場でサカマタシャッドを使い切ってしまったため、デスアダー5とドライブスティック4.5で代用できるのか試してみたのですが、どちらもリブ(ワームの表面のボコボコ)があるため、サカマタシャッドのようなスライド幅は出ず、イレギュラーなダートも出せないため、代用はできないと判断しました。

どちらのワームもいつも落として使うことが多かったので、トゥイッチやただ巻きでの動きはある意味勉強にはなりましたけどね。

僕は使ったことはありませんが、ZBCのマグナム スーパーフルークというワームがサカマタシャッドに似ていてどうなのかなぁと気になっています。(水面に飛び出すようにするための左右の耳のようなパーツがないので買う気になってません。)

ZBCマグナム スーパーフルーク
出典:http://zoombait.com/

サカマタシャッドのフックサイズ

ファットイカ フック

サカマタシャッドはオフセットフックを使用します。(僕がおすすめするオフセットフックはFINAのTNSオフセットです。)

以下がそれぞれのサイズに合ったフックです。

  • サカマタシャッド8インチ:#6/0のオフセットフック
  • サカマタシャッド6インチ:#4/0のオフセットフック
  • サカマタシャッド5インチ:#3/0のオフセットフック

フックサイズについてですが、デプスのウェブページでも推奨している上記フックサイズは少々小さく感じるかもしれません。

ですが、サカマタシャッドは本物のベイトと思って食ってるのか、本気で食ってくるため、とにかくバイトが深いです。

僕も推奨するフックサイズちょっと小さいかな?と思ってましたけど、釣ったバス全てが本気食いでバイトが深かったため、ベストなのだなと納得しました。

サカマタシャッド推奨タックル

サカマタシャッド タックル

サカマタシャッド6インチを主に使う僕が推奨するタックルは、ロッドは長すぎない64〜66でパワーはM。リールはハイギアで、ラインは16lbを推奨します。

トゥイッチやジャークといったアクションをさせるため、ロッドは長すぎず取り回しの良いものがベストです。で、5インチ、6インチであればMクラスのロッド。細かく言えばM〜MHの間くらいのパワーのロッドがいいです。

リールは余分なたるみを取るためと、回収の効率も考えてハイギアリール。

ラインは16lbくらいあるとキレがよくなるのでおすすめです。また比較的浅いレンジでバイトがあった時に思いっきり合わせるため少し太めのラインの方がいいです。14lbでも良いですが、個人的に16lbのほうが全然釣りしやすかったです。

スポンサーリンク

この記事を書いている人

サカナ

はじめまして!! サカナです。

「自分に嘘をつかず、自分の時間を生きる」を人生のテーマにしている道楽人間です。
本ブログでは僕の実体験ベースの記事を、バス釣りという共通点でつながる仲間のためシェアするということを心がけています。

詳細 プロフィール はこちら

お役に立てた記事でしたら、Facebookのいいね!やツイートなどシェアをよろしくお願いします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

隙あらばバス釣りをフォロー(※アイコンをクリックしてください。)