ネコリグにおすすめのワーム5選!

ネコリグ=ストレートワームを使うというイメージは正しいですが、実はストレートワーム以外にもネコリグに適したワームがあります。

今回はバス釣り初心者の方に対し、釣果に結びつくような、ネコリグに最適なワームを紹介していきたいと思います。

① カットテール4インチ

ネコリグに適したワームとして絶対に外せないのが、ゲーリーのカットテール4インチです。

永遠のスタンダードとも言えるこのカットテールは、その名の通りテール部がカットされたようになっており、そのテール部が水中でプルプルと動き、バスに本物のエサと感違いさせてしまう最強のネコリグワームです。

ゲーリーはワーム素材が他にない唯一無二なもので、それが釣れる秘密なのかもしれません。

ここでは4インチと限定しましたが、それ以下でも、それ以上でも構いません。ただ初心者の方でスピニングで使用するなら、とにかく扱いやすく、バスが釣れる4インチをおすすめしました。

カラーはウォーターメロンペッパー、グリーンパンプキンあたりがおすすめです。

② ドライブクローラー4.5インチ

OSPのドライブクローラーもネコリグで使うワームとしては代名詞になってきました。ご存知の方もいるかもしれませんが、その効果はなんといっても開発者である川村光大郎氏の存在が大きいでしょう。

ドライブクローラー4.5インチはカットテールよりもバルキーで、テールの部分もボリュームがあるため、デカいバスにも効果的なデザインになっています。とはいえ小さいのも釣れますが。

またバルキーなボディのため、重さもそこそこあり、ダイワのベイトフィネス対応リールなどであればスピニングでなくとも投げれてしまいます。ベイトで投げることでより太いラインを使えるのでカバーに入れて使うことができます。ダイワのSS SVなどのベイトリールであれば25000円程度で買え、コスパ的にも性能的にもよいです。

カラーについては、グリーンパンプキンを基本に、透明感のあるカラー、濁った時のためにチャート系やブラック系を持っておくと良いでしょう。

③ スワンプクローラー

スワンプクローラーのよい点はなんといってもコストパフォーマンスです!ZBC(Zoom Bait Company)という海外のメーカーのためパッケージが英語表記となっているため購入を躊躇してしまうかもしれませんがネコリグにはもってこいのワームです。

このスワンプクローラーも他社とは全く異なる素材で、唯一無二と言えるでしょう。(ゲーリーとは全く違う素材)

ひとつデメリットとしては日本のメーカーのように豊富なサイズラインアップがないこと。

スワンプクローラー自体の長さは5.5インチと初心者にとっては「少し大きいかな?」と思ってしまうサイズかもしれません。

おすすめのカラーはやはりグリーンパンプキンです。

④ シザーコーム3.8インチ

シザーコームはいままで紹介してきたストレート系ワームではありません。細身のシルエットながら、 多くの腕(パーツ)が付いており、ストレート系ワームよりも明らかにアピール力が高いです。

フォールの際は各パーツが動きながら落ちていきます。そのためフォールでもしっかりバスにアピールするので、いわゆる落ちパクも狙えるワームです。但しフォールスピードが落ちるため、リアクション的に反応させることは難しいです。

少し大きく感じるかもしれませんが、ネコリグで使用する場合、フックはワームの真ん中に刺すため、小バスのバイトもしっかり拾ってくれます。

⑤ HPシャッドテール3.1インチ&3.6インチ

HPシャッドテールはいわゆるシャッドテール系ワームですが、このテールのアピール力を活かしてネコリグにして使用することでベイトフィッシュが地面を食むような動きを演出できます。

フォールする際はテール部が水をつかむため、ボトムに着底するまで時間がかかりますが、フォールでもアピールするため、バスが浮いていればフォールバイトをものにすることもできるでしょう。

HPシャッドテールはオフセットフックやジグヘッドなどで単体で泳がせてもものすごく釣れるワームですし、スモラバのトレーラーにも最適(2.5インチ)ですので、持っておいて損はないでしょう。

ネコリグ関連ページ

http://antianti-design.com/lure-tackle-database/nekorig-how-to-make/

http://antianti-design.com/lure-tackle-database/nekorig-how-to-use/

http://antianti-design.com/lure-tackle-database/nekorig-sinker-hook/