ネコリグ初心者講座。使い方・動かし方、アクションを解説

お役に立てた記事でしたら、Facebookのいいね!やツイートなどシェアをよろしくお願いします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサーリンク

はじめに「ネコリグは主に点の釣り」である

「点」の釣りとは、バスの活性が悪く、横方向の動きに反応しないような時にする釣りです。

例えば、クランクベイトやスピナーベイト、シャッドなどを巻くと横に移動しますよね?

これは横に動くため「 線」の釣りと言われています。

バスが積極的にエサを追っている状況ではこの線の釣りが有効ですし、初場所など状況がわからない場合などでも有効となります。

しかし横の動きに反応がなければ、魚の活性が悪いと考えられるため、ルアーの移動距離を短くする必要性が出てきます。積極的にはエサを追ってないけど、近くを通ったエサは食べる。もしくは顔の前を通ったエサは食べる。

そいういった状況ではネコリグのような移動距離を抑えられ、「点」の釣りが可能なリグが有効となるのです。

線の釣り 点の釣り
↑写真奥は縦護岸でバスがどこに居るのかわかりづらいため線で通すが、手前の杭ではバスが付いている可能性が高いため点の釣りでじっくり探ることが有効だ。

ネコリグの動かし方・アクション

1 ボトムでシェイクする

こんな状況で使おう → 積極的にエサを追わない状況(横の動きに反応がない時)

ネコリグの基本的な動かし方、アクションとなるのは、ボトムでのシェイクです。ロッドを上下に小刻みに動かし、バスに気づかせバイトさせます。

シェイクする際のコツのひとつは強めにシェイクさせること。アングラーが動かしているようでも実際の水中ではさほどワームが動いていないことが多く、バスへのアピールが弱くなっているのです。

またもうひとつのコツはラインを張らず緩めずの状態を保ちシェイクさせることです。張らず緩めずの理由は、ワーム本来の動きを出すためです。

またラインを張った状態だと水中に違和感を与えることになるため、バスがルアーを嫌うのではなく、ラインを嫌い口を使わない状態になってしまいます。

↓シェイク時のロッドの動かし方

2 ボトムをズル引きする

こんな状況で使おう → ボトムシェイクに反応がない時

ボトムシェイクでは少し離れたバスにアピールし、気づかせて口を使わせる動かし方・アクションでしたが、バスの活性が低い場合はシェイクで気づかせてバスを寄せるよりも、ズル引きでバスにルアーを歩み寄らせる動かし方が効果的です。

ズル引きでバスに口を使わせるイメージとしては、バスの活性は低くその場から動きはしないが、ゆっくり近づいてきたエサなら食べるよ。そんなイメージです。

動かし方のコツとしては、ズル引きしたら止める。ズル引きしたら止めるしっかり止めることが低活性なバスに口を使わせるコツです。

↓ボトムをズル引きする際のロッドの動かし方

3 ボトムで跳ねさせてリアクションさせる

こんな状況で使おう シェイクにもズル引きにも反応がない時

シェイクにもズル引きにも反応しないような状態の場合、バスの本能を刺激し思わず口を使わせるリアクションが有効です。

このリアクションの釣りはプレッシャーの高い場所でも有効なので、シェイクしてダメ、ズル引きでもダメなときにロッドを上下に「ピッ」「ピッ」としゃくりルアーを動かしてみてください。

このボトムで跳ねさせるアクションはエビを捕食してるバスには非常に効果的ですので、主にエビを食べているようなフィールドではマストな動かし方です。

ちなみに私の経験上、このアクションで非常によく釣れたワームがゲーリーのカットテールです。リフト時、またフォール時にテール部分が非常に艶めかしく「プルプルッ」と動くのが釣れる要因だと分析しました。

私の中でカットテール4インチは大小問わず釣れるため、永遠に外せないルアーのひとつです。

↓リアクションさせる際のロッドの動かし方

4 沈み物にスタックさせ、ハングアウトさせる(上級)

こんな状況で使おう バスがボトム系のエサ(エビやゴリ等)を捕食している場所

このアクションは上級者がよく使う動かし方です。本記事は初級者向けですが、覚えておいて損はないので一読してください!

突然ですが「こんな経験ありませんか?」

根掛かりしたルアーを外そうとしていたら、根掛かったルアーをやたら見るバス。

沈み物にわざとスタックさせて、外れた時の動きでリアクションで食わすこのやり方は、まさにスタックしている時にバスがルアーを気にしていて、それがプルっと外れたから思わず口を使ってしまうという釣り方なのです。

5 中層を巻く ※通称巻きネコ

こんな状況で使おう → バスが中層でしか反応しない時

ネコリグとえば主にボトムで使うことが多いですが、その日の状況によっては中層でしかバスが反応しない場合があります。

そういった場合通常であれば、他のルアーをセレクトすることが多いのですが、実はネコリグを巻くことで異常に反応が良い場合が多々あるのです。(ネコリグを巻くことを通称巻きネコと言います。)

これは多くの人がやらないため、バスにとって新鮮に映るからだと私は思っています。

↓下記の動画1:14あたりでは、巻きネコの水中動画が掲載されています。

6 中層でリフト&フォールさせる。または跳ねさせてリアクションさせる

こんな状況で使おう → バスが中層でしか反応しない時

中層をただ巻きで使う巻きネコにアレンジを加えた動かし方がリフト&フォールです。

これは中層を巻くだけでは反応しない場合、意表をついた動かし方を行うことでバスが興味を示す、またはスイッチが入ることがよく起こります。

最終的に口を使わすコツとして、もしこの動きでバスが反応したら、そのままルアーをフォールさせることです。

バスは落ちる物に非常に弱く、ボトムに着いた時が最大のバイトチャンスです。なぜならボトムはそれ以上、下に行くことがないため、バスがボトムに追い詰めてエサを捕食できるからなのです。

フォールでのバイトには

  1. フォール中
  2. 着底直後
  3. 着底後ワームが倒れこむ時

と3段階(3種類)あるため、着底後にルアーがしっかり倒れこむまで待つことが大事です。

↓リフト&フォールさせる際のロッドの動かし方

7 フォールさせる

こんな状況で使おう リアクションで食わせたい時。春のプリメス狙いに。

ネコリグは細身のストレートワームを使うことがメインとなりますが、この細身のボディにより、フォールスピードが早いという特徴があります。

私は釣るのが難しいとされている春のプリメスをこのフォールスピードを生かして狙い、釣り上げたことがあります。

ちなみにネイルシンカーの重さでフォールスピードを調節できます。

細身のボディはカバーのすり抜けも良いため、カバーに入れてフォールさせるなどの使い方もできるのは、ネコリグの強みと言えます。

ネコリグ関連ページ

ネコリグ超初心者講座。基本から作り方を解説
ネコリグとは ネコリグとはワームの先端にネジのようなかたちをしたシンカーを埋め込み、フックを背中に刺す(※写真参照)リグのことを指します。 ネコリグにしたルアーは主にボトムで使うこと...
ネコリグのシンカーとフック!何グラムのネイルシンカー?おすすめのフックは?
ネコリグが釣れると小耳に挟んだけど、一体何グラムのシンカーを入れればいいの?またどこのメーカーのシンカーがおすすめなの? 本記事ではそんな方の疑問を解消したいと思います。 ちなみに...
ネコリグにおすすめのワーム5選!
ネコリグ=ストレートワームを使うというイメージは正しいですが、実はストレートワーム以外にもネコリグに適したワームがあります。 今回はバス釣り初心者の方に対し、釣果に結びつくような、ネコリグに最適...
スポンサーリンク

この記事を書いている人

サカナ

はじめまして!! サカナです。

「自分に嘘をつかず、自分の時間を生きる」を人生のテーマにしている道楽人間です。
本ブログでは僕の実体験ベースの記事を、バス釣りという共通点でつながる仲間のためシェアするということを心がけています。

詳細 プロフィール はこちら

お役に立てた記事でしたら、Facebookのいいね!やツイートなどシェアをよろしくお願いします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

隙あらばバス釣りをフォロー(※アイコンをクリックしてください。)