ネコリグ超初心者講座。基本から作り方を解説

お役に立てた記事でしたら、Facebookのいいね!やツイートなどシェアをよろしくお願いします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサーリンク

ネコリグとは

フリックシェイク ネコリグ

ネコリグとはワームの先端にネジのようなかたちをしたシンカーを埋め込み、フックを背中に刺す(※写真参照)リグのことを指します。

ネコリグにしたルアーは主にボトムで使うことが多く、ボトムをシェイクしたり、ボトムをズル引いたり、ボトムで跳ねさせたりと様々な動きでバスのアピールさせます。

このネコリグのメリットは、なんといっても根掛かりのしづらさでしょう。ガードが一本でもあると相当根掛かり回避率は下がります。食わせやすいワームを根掛かりしずらくできるため、その効果は言うまでもなく絶大です。

以前は4インチ、5インチのストレート系ワームのネコリグを投げるにはスピニングタックルでしたが、今ではリールの進化によりベイトタックルでも投げられるようになりました。それにより、よりヘビーなカバーにもネコリグを入れられるようになり、カバーで掛けたバスも強引に引きづり出せるようになり安心して釣りができるようになりました。

ただしカバーのない場所ではスピニングタックルで使用するほうが圧倒的に扱いやすいので、その点使い分けると良いでしょう。

ネコリグの作り方

ステップ1「必要なものを用意する」

ネコリグを作るために必要なものは、①ワーム ②ネイルシンカー ③フックの3つです。

ネコリグ 作り方

ステップ2「ワームにフックを刺す」

写真はワームに対し縦に刺す縦刺しです。ワッキー掛けのように刺すことを横刺しと言います。縦刺しにしたほうが根掛かり回避率を上げてくれるため推奨しています。

ネコリグ 作り方

ネコリグに使用するフックのおすすめはFINAのフィネスワッキーガードの#4です。おすすめの理由としては初心者にも扱いやすくリグリやすい。そして根掛かりを回避してくれるガードがしっかりしていながら、フッキングを妨げない設定となっているからです。

ステップ3「ネイルシンカーを埋め込む」

ワームの先端部分にネイルシンカーを埋め込みます。埋め込むネイルシンカーの重さは基本1.3gと考え、状況に応じて0.9gに軽くしたり、1.8g、2.4gと重くすれば良いでしょう。0.9g〜2.4gのネイルシンカーはセコらずに用意しておきましょう。

ネコリグ 作り方

おすすめのネイルシンカーはジャッカルのネイルシンカーです。ネイルシンカーはワームに埋め込むためどうしてもシンカーだけ無くしてしまいがちですが、ジャッカルのネイルシンカーは非常に抜けずらいため数あるネイルシンカーの中でもコスパに優れたものといえます。

完成!

ワームを用意し、フックをセット。シンカーを埋め込めば完成です!初めてネコリグと聞くと「めんどくさそうだな」と思うかもしれませんが、バスを釣る上で欠かせないリグであることは間違いありません。簡単ですのでぜひ覚えて実践してみてください!ネコリグ 作り方

下記リンク先のページでは、ネコリグをよりカバーの中で使いたい方におすすめのスナッグレスネコリグの作り方を掲載していますので、合わせて参考にしてみてください。

ネコリグの使い方

ネコリグの使い方やアクションについてそれぞれ解説していきます。

1、ボトムで使う

ネコリグはワームの先端にネイルシンカーを埋めているため、ボトムで使うことが基本となります。

▼ボトムでのアクション

  • ロッドを上下に細かく動かしシェイクさせる
  • ロッドを横にゆっくる動かしズル引きさせる
  • ロッドを上に「ピッ」と動かし、跳ねさせる

基本的にはシェイクして動かしてバスにアピールしますが、人間が動きをつけることを見破り嫌うバスも中にはいます。そういった場合にはズル引きが効果的だったりします。

またシェイクさせても食わない時は、アクションを変えてやり、「ピッ」と動かしエビが跳ねるような動きを演出してあげると反応する場合があります。

2、カバーで使う

ラインが8lb〜12lbと太さがあればベイトタックルでカバーに入れて使うことも可能です。(ただしベイトフィネス対応リールが必要)

ネコリグは非常に食わせやすいワームを使うリグです。そのリグをカバーの奥に入れることができればバスをキャッチできる確率が格段に上がります!

ストレート系のワームであれば小さな穴にもスルリと入るため、奥の奥に居るバスの目の前にルアーを落とすことが可能。バスを誰よりも多く釣りたいというひとはカバーにネコリグを入れて使ってみてください。

3、リアクションで使う

リアクションとは通常シェイクしてアクションさせただけではバイトしてこないバスに対し、反射的に口を使わせるテクニックです。

「ここはバス居るだろう」と踏んだスポットで、シェイクで食わなかったら、リアクションに切り替えてあげることでいとも簡単に釣れることがあります。

ネコリグでリアクションさせるときは、通常よりも重めのシンカーを使うとよいでしょう。具体的には2.4gから3.5gのネイルシンカーです。ワームのサイズや水深などを考慮してシンカーの重さは調整してください。

4、中層で使う

ネコリグを巻いて使えば中層をバイブレーションしながら泳がせることができます。この動きは他のルアーでは出せない動きなので、異様に反応することもあります。

巻きネコなんて呼ばれており、上級者が使うテクニックのひとつです。

「ネコリグをリグってボトムを探ったのに反応がない・・とはいえ他のルアーにリグり直すのがめんどうだ」なんて場合に試してみてもよいでしょう・

ネコリグに最適なワーム

スティーズ SV-TW ドライブクローラー ネコリグ

ネコリグに最適なワームとして代表的に挙げられるのはストレート系ワームです。どれも同じように見えますが、各社各ワームそれぞれに微妙な違いがあるのも事実です。

そしてストレート系ワーム以外にもネコリグに適したワームというものがいくつかります。

ネコリグ関連ページ

ネコリグ初心者講座。使い方・動かし方、アクションを解説
はじめに「ネコリグは主に点の釣り」である 「点」の釣りとは、バスの活性が悪く、横方向の動きに反応しないような時にする釣りです。 例えば、クランクベイトやスピナーベイト、シャッドなどを巻くと横に...
ネコリグのシンカーとフック!何グラムのネイルシンカー?おすすめのフックは?
ネコリグが釣れると小耳に挟んだけど、一体何グラムのシンカーを入れればいいの?またどこのメーカーのシンカーがおすすめなの? 本記事ではそんな方の疑問を解消したいと思います。 ちなみに...
ネコリグにおすすめのワーム5選!
ネコリグ=ストレートワームを使うというイメージは正しいですが、実はストレートワーム以外にもネコリグに適したワームがあります。 今回はバス釣り初心者の方に対し、釣果に結びつくような、ネコリグに最適...
スポンサーリンク

この記事を書いている人

サカナ

はじめまして!! サカナです。

「自分に嘘をつかず、自分の時間を生きる」を人生のテーマにしている道楽人間です。
本ブログでは僕の実体験ベースの記事を、バス釣りという共通点でつながる仲間のためシェアするということを心がけています。

詳細 プロフィール はこちら

お役に立てた記事でしたら、Facebookのいいね!やツイートなどシェアをよろしくお願いします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

隙あらばバス釣りをフォロー(※アイコンをクリックしてください。)