にほんブログ村 釣りブログへ にほんブログ村 釣りブログ バスフィッシングへ

ジャッカル「チビタレル」私のインプレ&おすすめの使い方




ギル型ビッグベイトのブームの最中、ジャッカルから発売されたギル型ルアー「ガンタレル」

それからしばらくして、野池やハイプレッシャーフィールドにも強い小型モデル「チビタレル」が発売され、人気のルアーとなりました。

私の主観ですが、長男のギガンタレルを含むガンタレル三兄弟の中で、一番人気がこのチビタレルではないかと思います。

それでは、どんなルアーなのか、実際に使用した感想を踏まえて解説していきましょう。

チビタレル購入の動機とキッカケ

ジャッカル ガンタレル チビタレル インプレ

私がチビタレルを購入した動機やキッカケについては、ギル型ビッグベイトが流行してきた時に、当時ブームに乗ろうと思いながらも、なかなか購入に踏み切れず。。

元々、ガンタレルに関心があったのですが、そのボリューム感にひるんでしまい、なかなか手が出ませんでした。かと言って他メーカーのギル系ルアーには購入意欲を搔き立ててくれるものがない状況。。

そんな時、チビタレルを実際に店頭で見かけ、まんま野池のギルのような大きさと美しいカラーリングにリアクションバイトしたというわけです。

特徴

2ジョイント

ジャッカル ガンタレル チビタレル インプレ

大半のギルルアーの関節が1つであるのに対して、ガンタレル兄弟は2関節です。

このジョイントにより、動きが格段にフレキシブルになることはもちろん、この兄弟の必殺技である「180°ターン」に大きく貢献しています。

よく、「ジョイントが多いと動きが大きくなりすぎるのでは?」と心配する人がいますが、基本的には多関節になるとにタダ巻きでの動きはタイトでなまめかしいものになります。

ボディー側面のフィン

ジャッカル ガンタレル チビタレル インプレ

ボディーの側面に水平なフィンを設けることで、早巻きでもボディーが倒れ込むことなく、安定したアクションを生み出すことができます。

またフローティングで使用する際はリップの役割も果たしてくれ、デッドスローリトリーブの際は水平姿勢を保つ仕事をするなど、考え抜かれたデザインとなっています。

アイのギミック

ジャッカル ガンタレル チビタレル インプレ

ラインアイは二つあり、素面直下を狙いたい場合は額のアイに、水面を引きたい場合は顎のアイにラインを結ぶわけですが、下のアイにはシンカーを装着してボトムをついばむギルを演出するのも効果的です。

また、額のアイとフックの着いたアイは埋め込まれたスイベルで、キャスト時に回転してもラインは捻じれず、激しいファイトでもバレにくい作りになっています。

チビタレル。私のインプレ&テクニック

ファーストインプレッションで感じたことは、ミディアムリトリーブが少し物足りなく感じました。

S字幅は狭く、水押もあまり強くなかったからです。

しかし、ファーストリトリーブとスローリトリーブを見た時、「コイツは使える!」と感じたのです。

ファーストリトリーブ(早巻き)

グリグリと早巻きしたチビタレルの動きは瞬間的に大きく水を動かし、リップレスにも関わらず、少しクランクベイトを巻いた時のようなフィーリングがあったのです。

しかも、そこから巻くのを止めれば、慣性でゆらりとターンし自発的なアクションを繰り出す。

サスペンド仕様にチューンして、リールを高速で3回転からステイさせるテクニックなら、ハイシーズンはもちろん、春のスローなデカバスにもスイッチを入れることができると思い、実践したところ大当たり!

3月にも関わらず、水面まで突き上げるような激しいバイトを目撃することができました。

このテクニックはギガンタレルやガンタレルで使用すると、かなり水を動かすので、広大なフィールドや流れの強い場所で有効かと思います。

これを、ジョイントが1つだけのルアーでやってしまうと、3回転では十分にアクションしなかったり、大き過ぎるスライド幅でリアクションバイトを誘うには向かないアクションになってしまいがちです。

デッドスローリトリーブ(超ゆっくり巻き)

サスペンドにして、糸がたるむほどスローに巻くと、他のギルルアーが動かないスピードでもクネクネとアピールしてくれます。

この時に、フェザーフックのおかげでフックはボディーにピッタリくっつき、フックの存在感が薄れます。

私はこのテクニックで、2月の野池で50upを釣り上げた経験があります。

売りである180°ターンは?

180°ターンが売りとされていますが、180°までターンしてしまうと、次の動き出しがぎこちなかったり、ラインに絡んだりするので、私はあまり使用しないですが、バスに与えるインパクトが大きいことは間違いありません。

チビタレル使用タックル

ちなみにチビタレルを使用する際の私のタックルは、EXヘビークラスのロッドと16lbのフロロカーボンですが、43.5g程度ですので、MHクラスのロッドでも扱えるためオカッパリアングラーにとってはありがたいですね。

2月や3月の水温なら16lbくらいのフロロを使用することで、ウエイトを貼りつけなくてもサスペンドしてくれます。

因みに、私は顎のアイにラインを結んで使用することは殆どありません。

気に入らない点

ジャッカル ガンタレル チビタレル インプレ

テールのアイは殆ど使わないので、ソフトテールでもよかったかなーと思いますね。

オプションで違った形状のテールを発売したりしたら楽しみも広がりるのになぁ。。

でも、もしかすると、柔らかくしてしまうと、あのクランクのようなフィーリングは消えてしまうのかも・・

なんだか独り言のようになってしまいましたね・・

それと、「チビタレル」という商品名!

もうちょっとカッコ良いネーミングならもっと売れたと思いますが・・爆

チビタレルはこんな人におすすめのルアー

ジャッカル ガンタレル チビタレル インプレ

チビタレルはギル型ビッグベイト入門者におすすめのルアーです。

タックルを選ばないことはもちろん、幅広いリトリーブスピードに対応してくれます。

またラインアイも2つあることで、攻略レンジも広く水面からボトムまで攻略可能なのは入門者に最適でな要素の一つです。

根掛かり回避性能は低いルアーなので、ボトムで使用する際はボトムが見えていることが条件になります。

さいごに

見た目も動きもまさにギルなチビタレル。

比較的手に入れやすいですし、これから、ギル型ビッグベイトを試してみようと考えておられる方は是非試してみてください。






ジャッカル ガンタレル チビタレル インプレ