にほんブログ村 釣りブログへ にほんブログ村 釣りブログ バスフィッシングへ

バス釣り用リール!私のおすすめランキング5選(スピニング編)2018年版




みなさんこんにちは。寝ても覚めてもBass釣りBakaこと、BBです!

前回のネコリグおすすめロッドはいかがでしたでしょうか。

簡単におさらいすると、柔らかめのティップと強めのバットを兼ね備えたロッドがベストというお話しでしたね。

しかし、バスフィッシングはロッドだけでは釣りはできません。

そうです。リールも重要なタックルの一つですね。

そこで今回は、私のおすすめスピニングリール編をランキング形式でお送りいたします!

と、その前にスピニング選びにおいての必要な項目や注意点をいくつかご紹介します。

バス釣り用スピニングリールを購入する前の注意点

番手

スピニングリールの製品には2000や2500等の数字が書かれています。

これは数字が大きくなるほど、スプール径(ラインを巻く場所)が大きくなり、太いラインを多く巻くことができます。

基本的にバス釣りの場合は2000~3000番台のリールになりますが、メーカーによって多少違ってきますので、下記のランキングをご参考ください。

ギヤ比

ギヤ比によって、リール1回転でどれだけの長さを巻き取れるかが異なってきます。

ハイギヤと言われるものは1回転での巻き取り量が多く、釣りのテンポを上げてくれるのですが、ハイギヤになればなるほどリール自体が重くなったり、巻き心地がだるくなったりするので、注意が必要です。

初心者の場合であれば、無理にハイギヤを選ぶ必要はないです。スピニングを扱うシーンというのは、ワームや小型プラグ(シャッド)等の釣りであり、スローテンポな事が多いからです。

近年発展してきたパワーフィネスというジャンルではハイギアが絶対条件なのですが、こちらは別の機会がありましたら、お話しさせていただきます。

保証

多くの釣具メーカーでは新品で購入すると、保証が付いてきます。ケースバイケースですが、不具合があったりすると保証で直してくれたり、部品交換をしてくれます。

ただし、上記にも書いたようにケースバイケースで別途金額が発生する場合もありますのでご注意ください。金額などはメーカーによって大きな誤差はそこまでありません。

新品が良い?それとも中古?

永遠のテーマです。笑

ロッドの場合、目に見える傷などで判断ができる場合が多いのですが、リールの場合実際にハンドルを回してみないと分からない部分もあります。例えば巻き心地が少し重かったり、シャリシャリ音がしたり(ベイトリールも同じ)するものもありますので、実際に現物を触って,可能であれば、同じ製品の新品と比較して良し悪しを判断できればいいと思います。

バス釣り用スピニングリール!私のおすすめランキング5選

さて、お待たせいたしました!ここからは、私BB目線のおすすめスピニングリールランキングです!

第5位「アブガルシア ロキサーニスピニング2000SH」

アブガルシア ロキサーニスピニング2000SH

出典:アブガルシア

次世代の若手アングラーである、マーモこと加木屋守さんが使用しているリールです。

このリールの特出すべき点はズバリ「価格」でしょう。実勢価格1万年ちょいでこれだけクオリティの高いリールはそうありません。

また黒ベースの外観とデザインがシックでかっこいい良いのも高ポイント。

他のメーカーにはあまり見ないデザインのハンドルはそれでいて安っぽさも無く、価格以上の所有感を満たしてくれる製品です。

シマノ COMPLEX BB 2500S

出典:シマノ

滑らかな巻き心地が特徴的なリールです。

注油口が付いており(イージーメンテナンスシステム)分解することなくリールのメンテナンスが可能となっています。

バス釣り専用として作られ、高い性能を兼ね備えつつコストパフォーマンスにも優れた製品です。

リール自体の重さが250g程あり、他のおすすめリールに比べると重いと感じるかもしれませんが、スピニングリールはベイトリールと違い、ロッドの下側にリールがあるため、ある程度の重さがあることで、安定性が向上します。

特にシャッドなどの巻物系を多用するのであれば、スピニングリール自体の自重は少々重いものを選択すると良いでしょう。

第3位「ダイワ カルディアLT 2500S」

ダイワ カルディアLT 2500S

出典:ダイワ

LT(ライト&タフ)は文字通り、軽くて強いというダイワテクノロジーを採用したモデルです。
スピニングリールは1日中扱うことも珍しくないです。

また、シェイクしたりと思っているよりも手首に負担がかかります。

カルディアLT2500Sは重さ185gで、例えばロッドが100gだとしても合わせて300g以下に収まります。

一日持ち続ける為に、集中力を落とさないようにする為に、軽いリールを選ぶことも重要です。

第2位「シマノ STRADIC CI4+ C2500S」

ストラディックCI4+

出典:シマノ

180gという自重、巻き心地の軽さが際立つ製品です。

また、メタリックな外観に赤のスプールという今風なデザインが目を引くモデルです。

内部への浸水を防ぐ技術や、強靭なギヤを採用することで初期投資はかかるものの、良い状態を長く使うことができます。

また、別売りではありますがコルクノブやハンドル等のカスタムも可能で、男心をくすぐるモデルになっております。

第1位「ダイワ TATULA LT2500S」

タトゥーラ
出典:ダイワ

軽い、強い、かっこいい、コスパが良いの四拍子揃ったダイワの最新モデルです。

黒をベースにアクセントに赤を使った今風デザインに、肉抜きされたボディが目を引きます。

カルディア同様にLTモデルということで、本体自重も185gでいながら、強靭な作りをしています。それでいながら定価2万5000円以下ですので、初心者はもちろん、中級者にもおすすめできるモデルです。

さいごに

いかがでしたでしょうか。バス釣りではスピニングリールは絶対に必要なタックルです。

バス釣りを始める上で最初に手にする部分でもありますので、是非ご参考にしていただけると幸いです。

以上寝ても覚めてもBass釣りBakaこと、BBでした。






ABOUTこの記事をかいた人

サカナ

バス釣り歴12年。関東在住。既婚、3歳の子どもが居ますが、週2ペースで隙あらばバス釣りしてます。以前はボートで釣りしてましたが、最近はオカッパリがメイン。本メディアでは、今までの経験やノウハウを活かして主に初心者の方に向けてバス釣りに関する役立つ情報を作っていきます!