にほんブログ村 釣りブログへ にほんブログ村 釣りブログ バスフィッシングへ

【初心者向け】バス釣り冬のおすすめルアー&ワーム11選!カラーも解説




11月ともなれば、冬はもうすぐそこ!

冬はバスの活性が極端に下がり、アングラーの腕前だけではどうにもならない季節です。そうしたタフなシーズンだからこそ、ルアーが持つポテンシャルに力を借りるのが大事になります。

そこで、今回は冬に活躍してくれるルアー&ワームをご紹介します。

冬におすすめのルアー&ワーム11選

レイドジャパン レベルバイブブースト

メタルバイブレーションのようで、少し違うルアー「レベルバイブブースト」

ベイトで使えるウエイトもラインナップされていますが、是非一度軽いウエイトのモデルをパワーのあるスピニングタックル+PEの組み合わせで使ってみてください。

PEの浮力とルアーの軽さを利用して、メタルバイブレーションではできないようなリフト&フォールアクションを持続的にできるのです。

ハイアピールでありながら、手前に移動しにくいので、移動距離を稼げます。

オカッパリアングラーの方は是非一度お試しください。

レイドジャパン オカエビ

一見すると、スモールラバージグのトレーラー専用ワームのようにも見えますが、実はダウンショットリグやスプリットショットリグ、ジグヘッド、ライトテキサスにと、幅広く対応する万能選手です。

各パーツはとても繊細でハイレスポンス。僅かな水流でもよく動きます。

つまり、スローに動かしてもパーツがしっかり動いてくれるわけです。

よって、短い移動距離でバスにハイアピールでき、冬のスローなバスに口を使わせることができるのです。

エビが多くい生息しているようなフィールドではマストアイテムになるでしょう。

エバーグリーン Dゾーン

シャローのデカバスを狙うにはスピナーベイトが有効になります。

ハイシーズンはリアクションバイト狙いで使いがちなスピナーベイトも、冬場はスローに巻くことがポイントです。

岸沿いに残った枯れたアシや、ウィードにつくバスを狙うには比較的のスローに巻いても強いバイブレーションを生むDゾーンが最適です。

また、Dゾーンのスローロールはリップラップやテトラを攻めることもできる優れもの。

冬の河川は水が濁ることも多いので、パワフルなスピナーベイトは1つ持っておきたいですね。

エバーグリーン C.Cラウンド

コンパクトなラウンドタイプのラバージグ。

ハードボトムやブッシュなどのライトカバーなどこれ1つでオールラウンドに対応してくれ、コンパクトサイズがタフコンディションのバスにも違和感なく口を使わせてくれます。

コンパクトでも、ある程度が重量のあるモデルなので、フォールによるリアクションバイトも誘えます。

また、バスが浮いていると感じたら、ミドルレンジをシェイクしながらスイミングすることも可能。

一年を通して心強い味方です。

OSP ハイカットSP

シャッドも低水温期になくてはならない存在です。冬のハードルアーの中では一番食わせのルアーにあたるポジション。

中でも、OSPのハイカットはオールマイティにバスを誘える優秀なシャッドとなっています。

トゥイッチでは切れのいいダートアクションを披露し、タダ巻きでは超ハイピッチなアクションまでこなすのです。

その上、カバー回避性能も兼ねそろえており、多様性に富んだシャッドとなっています。

タダ巻きによるストップ&ゴーや、トゥイッチを交えてからのポーズでタフコンディションのバスに口を使わせましょう。

エバーグリーン ワイルドハンチ

日本を代表するクランクベイト「ワイルドハンチ」

少しシャッドライクなナチュラルなアクションながらも、太いラインを使用してもしっかりアクションし続け、カバーにも強いので、冬でもシャローで餌を捕食する大きな個体を狙うのに適しています。

リップラップやレイダウンといった水中の障害物に当てて、リアクションバイトを誘いましょう。

清水盛三プロも冬にガンガンこのルアーを投げ、デカバスをキャッチしておられます。

水深1.5mあたりを泳いでくれるオリジナルに対して、2.5mまで潜行する「ワイルドハンチ 8フッター」やSR(あまり冬に出番はないかも)もあるので、揃えておくと、いざという時に困らないで済みますね。

ゲーリーヤマモト レッグワーム

今や、プロ御用達のトーナメント仕様爆釣ワーム。タフコンディションでとても頼りになる存在です。

ジグヘッドでもよく釣れますが、冬はスプリットショットリグやダウンショットリグで使ってみてください。

使い方は上記のオカエビと似ていますが、ベイトが小魚ならレッグワームがマッチ・ザ・ベイト。

D style トルキーストレート

ネコリグは短い移動距離でボトム付近のバスに長時間アピールできるため、ボトムにゴミが少なければ試してみる価値ありです。

そんなネコリグで扱うのにピッタリのトルキーストレート。フィネスの帝王、青木大介プロが細部にまでこだわって手掛けたストレートワームです。

ロッドワークだけでなく、フォールや倒れこみ時にもアクションを発生してくれるので、常に魚にアピールし続けてくれるワームなのです。

ネコリグだけでなく、ジグヘッドワッキーやスプリットショットリグでも活躍してくれるので、1パック持っておいて損はありませんよ。

ジャッカル TN60

コンパクトでありながら、凄まじい飛距離のキャストが可能。

ボトムに立つので、根掛かりやごみを拾いにくいのが人気の秘密。

アクションはタイトかつ力強く、ボトムにお腹をつけて無気力になっているバスを狙うのにもってこいです。

近年は、トリゴンという常識を覆すほどの飛距離が出せるモデルが発売され、人気を博しています。
今まで届かなかったスポットまでバイブレーションをブン投げたいというオカッパリアングラーの方は要チェックです。

DEPS サーキットバイブ

ボディーにサーキットボード使用したことで、従来のメタルバイブ以上のハイピッチ&ハイレスポンスアクションが実現可能です。

メタルバイブ冬の超定番テクニックであるリフト&フォールも、動き出しが早いので短い距離で無駄なくバスにアピールできます。

ボディーをサーキットボードにしても、飛距離は従来のメタルバイブレーションに負けません。

ウエイトバリエーションも豊富で、琵琶湖のような広大なフィールドから小規模野池までカバーしてくれます。

イマカツ ダルド100

コンパクトながら十分な飛距離のキャストが可能なイマカツのジャークベイト。

スリムなボディーは冬のバスにも食べやすいサイズでありながら、その大きなダート幅と俊敏さはバスのスイッチを一瞬でオンにしてくれます。

冬でもボトムにお腹をつけず、中層に浮いていることがよくあります。

バスがシャローにいてる、浮いていると感じたら試してみてください。

少し大きい115㎝もラインナップされているので、状況に応じて使い分けてみましょう。

冬のカラーセレクト

さいごに、冬のカラーセレクトについてのお話。

といっても、春のように赤が効く、みたいなこれといった色はないですが…

冬に出番が増える色は、フラッシング系チャート系です。

河川などは白濁りしやすいですし、クリアなフィールドでも、夏に比べて光量が少なかったり、日が傾くのが早いからです。

特に、フラッシング系はリアクションバイトの誘発できるカラーなので、冬の動けないバスには必要不可欠なカラーです。

ワームもある程度の濁りを想定して、ブラックのようにシルエットがはっきり出るものを用意しますが、グリーンパンプキンのような定番カラーも絶対持っておくのがいいでしょう。

さいごに

これだけ多くのルアーをご紹介しましたが、あまり頻繫にローテーションし過ぎず、坊主覚悟で1つのルアーを突き通すのも上達のカギです。

冬は長いので、春に向けての練習期間ぐらいの気持ちで臨んでみるのもいいでしょう。

私なんて、ビッグベイト一本でやり通す日もあります。そして釣れます。数年に一度ですが・・笑

それでは、良い釣りを!