奥田学「RED SIGNAL(レッドシグナル)」 レビュー




奥田学「RED SIGNAL(レッドシグナル)」

気になっていた奥田さんの「RED SIGNAL(レッドシグナル)」を買ってきたのでレビュー。

ちなみにレッドシグナルとは赤信号という意味で、普通の人なら止まるであろう赤信号を奥田スタイルで進んで欲しいという意味があるそう。

奥田学「RED SIGNAL(レッドシグナル)」

コンテンツはパッケージ裏にあるように大きく分けて

  1. 琵琶湖で世界記録を狙う
  2. ビッグクローラーベイト(シグナルルアー「リザードクローラー」)
  3. ロングシューティング(ファットイカを使ったパワーフィネス)

の3つとなっています。

Chapter1. 琵琶湖編

Chapter1は琵琶湖で世界記録を更新してもらうことをコンセプトにしたコンテンツとなっています。

動画の中で主に使われていたルアー、リグはデビルスイマーシャッドを使ったアラバマリグ。

アラバマリグと言えば私も最近使い始めましたが、単にルアーがたくさん付いているから釣れるんでしょ?という一般的な考えや意見とは違い、使う理由、使う場所、リグのバランス等々、かなり奥深いリグだということが判明。

経験値の薄いアラバマリグを学びたい思いもあり、今回「RED SIGNAL(レッドシグナル)」を買った購入動機のひとつ。

肝心の内容についてですが、一言で言うと「琵琶湖ヤバい!!!!」

動画の中では早春のディープから上がりたてのスーパービッグを狙い、天候、時刻、風などのタイミングを読みながらポイントをランガンし、見事ロクマルのスーパービッグを仕留めるのですが、注目すべき点は、釣れた事実よりも「なぜいまここに来て、こう狙っているのか?」のプロセスを解説している点。

狙ったバスを釣るためには、技術的面よりも、いかにタイミングを合わせられるかが最重要ポイント。経験値豊富な奥田さんから発せられる言葉から学び、早春のモンスターハンティングに活かすと良いと思います。(琵琶湖に限らず全国どんなフィールドでも共通する内容です。)

http://antianti-design.com/2017/03/post-5809/

Chapter2.

Chapters2はシグナルのルアー「リザードクロラー」を使ったビッグクローラーベイトの釣り。

ビッグクローラーベイトは私もおかっぱりにおいて溺愛しているルアーであり釣りのひとつですが、奥田さんがどんなシチュエーションで使い、どんな理論で使うのか興味深かったのが購入動機のひとつ。

内容的には「やっぱり」とほぼ共感する内容となっていました。中でもリザードクローラーで一番こだわったという「音」は、自分の好みともろかぶり。

動画の中ではビッグクローラーベイトに起こり得る不具合の修正についてなど詳しく解説されていたので、調整や不具合について理解できていない人にはおすすめのコンテンツです。

ビッグクローラーベイトというのはムダに投げ続けてもストライクが取れないルアーです。本編ではそんなムダな時間を過ごさない奥田さんの釣り方、動き方に注目して欲しいです!

ビッグクローラーベイトの魅力を一言で語るなら「派手なバイトでデカいのが釣れる」というのが一番ベストな表現かなと思います。そんな最大の魅力を持ったビッグクローラーベイトの釣りを知りたい方にもおすすめです。

http://antianti-design.com/2017/03/post-5901/

Chapter3.

Chapter3は陸王でもお馴染みのファットイカを使ったロングシューティング。

個人的にこれは面白かった!

陸王DVD内ではイマイチよく分からなかった

  • ファットイカにネイルシンカーを入れたボトコンでの動き
  • より遠くに飛ばすためのキャスト方法
  • 陸王スピンと呼ばれるバンタム274Mに関する詳細解説

最近スピニングの釣りはやってなかったし、やるつもりもなかったんですが、やることにしました(笑)

ちなみにポイズンアドレナ270Mを保有してるので、PE1号巻いて、パワーフィネスできる体制は整ってるっす。

http://antianti-design.com/2016/06/post-4794/

気に入らない点

デカいバスだけを狙う自分のスタイルとリンクして、かなり面白いDVDですが、唯一気に入らない点は、Chapter毎の冒頭にシマノの広告動画が挟まること。

この動画の販売価格は税込3,980円。

3,980円払ってる割にChapter毎に頭に広告付けるのってどうなの?

タダでユーチューブ見てるわけじゃないのでやめてください。マジで。うざいです。

広告は全てのChapterの最後にまとめてでお願いしますわ。シマノとの癒着がすごいという悪印象が強く残るDVDになっちゃいましたね。

レッドシグナルPV動画

さいごに

奥田さんの釣りはキャストからランディングまでがすごく綺麗。特に琵琶湖でのデカバスとの一連のファイトからハンドランディングを見ると、いままでよっぽど多くのデカバスを釣ってきたんだなぁと一目瞭然!

多くのデカバスをキャッチしてきた反面、バラしてきた数も多く(失敗も多く)そこから学んだ、タックルバランスに関する話なども必見です。

なぜこのロッドでこのブランクスなのか?とか、なぜハイギアを使うのか?とか、ハンドルを交換する理由などなど、対デカバスと戦うためのタックルに関する理論も面白いです。

陸王の奥田さんしか見たことがない人は、是非琵琶湖×ボートでの奥田さんを見てみてください!




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.