基礎と工夫と情熱とデカバス

お役に立てた記事でしたら、Facebookのいいね!やツイートなどシェアをよろしくお願いします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 39
スポンサーリンク

またまた行ってきました!

朝5時集合。この時期の朝はまだ脳みそが寝てます。。

1stポイント到着後、開始数十分で51cmを釣るしみけん・・いやシモケン氏!!

デカい・・w

この後、自分が通したスポットで更に44cmを追加。。

自分が通した場所で口を使わすことに経験と知識とスキルの差を感じる・・

結局朝のタイミングではバイトすら得られず、昼頃ポイントに入り直して無事1本

サイズは38cm

この後移動して一匹追加。

夕まずめは当てられず、結局2人で計4本で終了!

追伸

ヒットルアーなどは自分のノウハウではないので非公開です。フィールドも秘密の場所に行ってるわけでもなく普通にメジャー場。

そして、本文でも書いたように、今日は自分が通したスポットを上手い人が通すと釣れる。

デカバスを釣るには経験やスキルももちろんですが、なにより基礎と工夫と情熱が大事なんだなぁとつくづく思いました。

明日からも精進しましょう!

では!

Facebookページ
スポンサーリンク

お役に立てた記事でしたら、Facebookのいいね!やツイートなどシェアをよろしくお願いします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

隙あらばバス釣りをフォロー(※アイコンをクリックしてください。)

にほんブログ村
にほんブログ村 釣りブログへ

この記事を書いている人

サカナ

はじめまして!! サカナです。

地球のどこかで釣りしてます。

コメント

  1. うは〜 より:

    サカナさん
    こんばんは。

    基礎と工夫、そして情熱、、、
    大事ですね。

    本文、拝見しまして、今年は自分自身、気合いは充分なんですが反面、頭デッカチになってキャストの精度やスキルの向上ばかりを気にし過ぎて、魚を釣る為に重要なことの順番が少しズレてた様に感じました。

    先のリコメでも提案してくれておりましたが、何よりも基本なんですよね。
    これは改めて思い出し直したと言いますか、、、私が30歳目前でバス釣りを再開した時に、頻繁に釣行していた上級者の友人から、釣れなければ、そのルアーの色を変えよう!それでもダメならリグ自体を変えでみよう!と教わったことが記憶にあります。

    しかしながら一丁前にそこそこのバス釣ってちょっと経験値が上がったと勘違いしちゃうと、、、なんか色々違うことが気になり出すんですよね。自称エンジョイ勢ながら、やっぱり基本は大切にすることは大事ですね。

    うは〜お恥ずかしい限りです 汗

    ということで、私、明日から仕事の都合で行っチャイナ〜です( ゚д゚)
    3泊4日の短期出張ながら色々と抑圧された環境の中、夜、一人ぼっちのホテルの部屋でモンモンと釣り!?の妄想します (☝︎ ՞ਊ ՞)☝︎

    • サカナ より:

      >うは〜さん

      おっしゃる通りだと思います!
      雑誌などのメディアでうまいプロを見ていると、ついついテクニックだけを実践しちゃいがちになってしまう・・
      同じルアーで釣り方まで書いてあっても、うまいプロは基礎ができているから釣れるんだと思います!

      チャイナですか!?
      チャイナのホテルで釣りのことを考えるのも悪くないですねw

  2. TAIDON より:

    エルホリで投げるルアー。。。春だしあれかなぁ、、、(^^)ww

    埼玉県の川はラージもそこそこいるんですかぁ?群馬は大量にスモールがいます(^_^;)

    それにしてもサカナさんは早春からかっ飛ばしますね♪

    • サカナ より:

      >TAIDONさん

      タックルを見ただけでルアーは絞り込まれますよねw
      群馬もスモールが居るんですね!
      昔住んでたことがあり、通勤途中の川で竿振ってる人が居ましたが、いま考えるとスモール狙いの人だったのかもしれません。

      ラージの比率は感覚的には8:2もしくは7:3くらいですかね〜

  3. 落ちパク より:

    基本と工夫!そうですね^_^
    人がやってない事を、いかに基本を崩さずひねるか 言葉にするととても難しいですね。
    僕は皆んなが手を出さない魚を狙うズルイ奴ですが、投げる場所が変わってるだけで、やっている事はオーソドックス事は多いです。
    場所によって一部のルアーしか反応しないフィールドでは、その一部のルアーで、どんなアクションが出来るか、浅く出来るか、深く出来るか、緩く出来るか、同じスピードでもラインを弛ませれるか、ハードルアーの方がそういう答えはわかりやすい気がします。
    でもまぁどれも自己満足なんです 笑
    実際は自分の理想レンジなんて引けてないですし、弛みや 竿の反発がうまく使えれてるかもわかりません。
    でもイメージして、その魚がリピートできれば体得の近道のような気がします。
    バス釣りに終わりなし 笑
    最高です。

    • サカナ より:

      >落ちパクさん

      他の人が手を出さないバスを意図的に狙うってのはズルいことではないと思いますよ〜
      ほんと終わりはないですよね!
      答えがないから楽しい^^
      一生飽きない遊びですよね♪

  4. kfcmichi より:

    サカナさん、お疲れ様です。
    しかし釣り出すと止まりませんね〜!!流石の連発劇!!
    困ったり釣れない時こそ基本を思い出して釣りをすると、案外簡単に答えが返って来たりするものですよね。
    そしてウエイトやサイズ、カラー、レンジなどの少しの工夫だったり、ライン変更やロッドの特性でまた工夫。
    やはりどれもこれも何も考えないでキャストするより、頭を回転させての釣り、現場で実行が1番です。

    • サカナ より:

      >ミチさん

      おっしゃる通りです!
      無駄にキャストしても絶対バス釣れないですよね!
      現場に足を運んで、その時その時でちゃんと考えてイメージして釣る!こんな感じですかね^^

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。