ツララ「エルホリゾンテ75(エルホリ75)」インプレ

お役に立てた記事でしたら、Facebookのいいね!やツイートなどシェアをよろしくお願いします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサーリンク

エルホリゾンテ75(エルホリ75) インプレ

2016年2月に購入したもののあまり使用していなかったエルホリゾンテ75(エルホリ75)ですが、今春のおかっぱりで必要性を感じて使い始め、何本かバスを釣ったのでインプレしようと思います。

はじめに

インプレを行う前に、釣れてもない人のインプレは参考にならないと思うので、実際に釣ったバスの写真を証拠として掲載しておきます。

ツララ エルホリゾンテ 75 アンタレス ラージ

ツララ エルホリゾンテ75 アンタレス

ツララ エルホリゾンテ 75 アンタレス スモール

総評

コストパフォーマンス ★★★★☆ エルホリゾンテ75の定価は39,800円。ロッドの満足度を考えるとコストパフォーマンスは極めて良いというのが個人的な感想。

私が購入の比較対象としていたロッドはデプスのヒュージカスタム定価55,000円程度ですので、それに比べるとかなりお得に感じます。デプス信者でなければツララのロッドをおすすめします。

デザイン性 ★★★☆☆ 個人的に気に入っているのがオリジナリティと高級感を兼ね備えたカラーです。

個人的にグリップエンドが好きではないため星3つにしました。

携帯性 ★★★★☆ 2ピースなので携帯性は良いと言えます。

私は2ピースにすることはありませんが、75というサイズは車に積載するときも長すぎないので良いです。

所有感 ★★★★☆ 所有感はあくまで個人的な見解ですが、星5つにはなりませんかね。

価格の問題なのか、デプスのロッド(サイドワインダー)のほうが所有感が高いです。

パワー ★★★★★  パワーは申し分なく、考えるまでもなく星5つです。

購入の動機

私がエルホリゾンテを選んだそもそものキッカケはブルシューター160(3.5〜3.7oz)を快適に扱いたかったからという非常にピンポイントな理由でした。

手持ちのヘビーロッドではエバーグリーンのヘラクレス「アクテオン」を持っており、ブルシューター160も投げれるのですが、ちょっと心細い部分があったというのが理由です。

エルホリゾンテには75、78、83と3つのラインナップがあります。(DRTとのコラボとして73、85がありますが、購入時はその存在を知らず)

75を選んだ理由としては、主に小規模なリザーバー(ボート)での使用を考えていたのですが、関東の小規模フィールドのためフルキャストすることはあまりなく、最短の75が欲しかったというわけです。

遠浅でオープンなフィールドで使用するなら78か83で迷ってたかな?と思います。

用途(実際にエルホリで使用したルアー)

エルホリゾンテのように強力なロッドでの用途は「ビッグベイトを投げたいから」と当たり前の理由ですが、どれくらい汎用性があるのか?私が実際に投げて試したルアーを例に挙げ、細かくインプレしていきます。

ルアーの種類と重さ 実際に使用したルアー コメント
1ozクラスのビッグベイト マイキー、カワシマイキー 1ozクラスのルアーであれば、投げる際(サイドキャスト、オーバーヘッド)に全くロッドはたわみません。

おかっぱりでの使用が多いため、フルキャストすることはあまりなく、ほとんどピッチングで投げていますが長すぎないレングスで非常に投げやすいです。

過去にはマイキーでは連続トゥイッチでバスをキャッチ(記事はこちらしましたが、ロッドが重いためリップ付きのマイキーを連続トゥイッチさせていると手が痛くなります(爆)

2ozクラスのビッグベイト ジョイクロ、ブルシューターJr.、ガンタレル ジョイクロやたいニークラッシュなどの2ozクラスのビッグベイトを投げたい人は多いのではないでしょうか?

エルホリゾンテでは私もこのクラスのビッグベイトを使うことが非常に多いのですが、2ozクラスでもキャスト時は大してたわみませんので、オーバーヘッドで垂らしを長くしなくても全然問題なくキャストできます。

3〜4ozクラスのビッグベイト ブルシューター160 購入の動機ともなったブルシューター160。

慣れるまではこのクラスを投げるのが一番ルアーのウエイトが乗せやすく軽快に投げられます。

4oz以上のビッグベイト ブルシューターオリジナルサイズ 4oz以上のルアーはほとんど使用しませんが、ブルシューターのオリジナルサイズ(6ozクラス)を投げる際はさすがにたわみます。

垂らしを長くして、サイドキャストでふんわり投げる必要があります。

3/8oz〜1/2ozのチャターベイト Bカスタムチャーター(トレーラーはデスアダー) 3/8oz〜1/2ozのチャターベイトにトレーラーを付ければそこそこのウェイトになるため、キャスト時もリトリーブ時も問題なく扱えます。

チャーターとの相性は良いロッドだと思います。

3/8oz〜1/2ozのチャターベイト マツラバ(トレーラーはハートテール) チャターベイト同様、ジグの自重とワームの自重がプラスされるためキャスト時、リトリーブ時共に問題なく使えます。
3/8oz〜のジグ  ジグ全般  3/8ozクラスのジグでは軽すぎて慣れるまで少し投げずらいかもしれませんが、ロッドが硬いためボトムを取るジグでの釣りにはすごく良いロッドです。

パワーがあるためフロロ30lbクラスのラインを巻き、思いっきり合わせ確実にフッキングでき、キャッチ率はかなりのものだと思います。

1ozクラスのスイムベイト デビルスイマー、ビビッドクルーズ 1ozクラスのビッグベイトが扱えるため、もちろんスイムベイトも問題ありません。
1oz以下のシャッドテール系ワーム ハートテール シャッドテール系ワームはハートテールのみしか使用していませんが、ロッドに慣れればハートテールのノーシンカーもサイドキャスト等でも飛ばせるようになります。

はじめはピッチングでキャストすると良いと思います。

ただしバスが食った際は、思いっきり合わせるのではなく、多少手加減が必要になります。(ロッドパワーがありすぎるため細いラインの場合、ラインブレイクの恐れあり)

1ozクラスのスピナーベイト OSPのタイフーン スピナーベイトも1ozクラスのヘビーなものであれば問題ありません。

台風後の激濁りなどを強いスピナーベイトで捕りたいですね〜

1oz以下のスピナーベイト クリスタルS、Dゾーン 3/8oz、1/2ozの普及率の高いスピナーベイトについては慣れればキャストは出来ますが、ロッドのパワーがありすぎるためおすすめはしません。

乗りの良いM〜MHクラスの一般的なロッドが最適だと思います。

使用感

実際の使用感については、釣りをする際の一連の動き毎に分けてインプレします。

1、ルアーを投げる、ロッドを振る

投げるルアーの重さによりますが、いままでMやMH、強くてもHクラスのロッドを使っていた人であれば「硬ッ」と感じます。

ジョイクロクラスがライトリグに感じるかもしれません(笑)

ですが、キャストに慣れてくれば軽いルアーも投げられます。私の場合、現状ではハートテールのノーシンカーは普通に使っています。

2、ルアーを動かす、リールを巻く

エルホリゾンテに合わせるリールはバランスを考えると必然的にそこそこ重さのあるリールになると思いますので、連続トゥイッチやジャークなどは正直疲れます。

ので、ハイギアリールのリーリングでルアーを動かすとラクかも。

ジグなどのボトムズル引きなどは問題なく、ロッドが硬いためボトムが取りやすくやりやすい。ウィードレイクはほとんど行きませんが、ウィードを切る釣りなどにも最適です。

3、バスがバイトする

硬い、強いロッドですが、バイトは普通に分かります。

大抵投げているルアーが大きいと思うので、必然的に釣れるバスもでかいでしょうから。この部分についてはインプレもくそもありませんね。

4、バスとファイトする・キャッチする

ここ!!

エルホリゾンテを買って良かったとつくづく感じる部分は、デカバスとのファイト!!!!

エルホリを一言で表現するならば、「バスを相手にするにはオーバーパワー」

エルホリはそもそもバスをターゲットとしたロッドではないため、バスを釣ることに関しては「しょせんはブラックバス」と感じてしまいます。

現状、エルホリで釣れたバスの最大サイズは49cmですが、エルホリだと瞬殺です。

↓↓↓その時の記事

早春のモンス!ラージ49cm
3時半起床、5時半現場入り。 ということで先日も行ってきました。 ファーストポイントで目覚めの一発が出て、今日はいいかもと期待してましたが、その後は「無」 口...

49cmの2kgくらいのバスでは曲がりませんし、引きを楽しむなんて概念もありません。

感じるのは重さぐらいであり、バスがバイトしてきて合わせたら、後はロッドのパワーで寄せてぶっこぬいてキャッチして終了!そんな感じです。

私のタックルセッティング

ツララ エルホリゾンテ 75 アンタレス スモール

リールは14アンタレスHG(自重225g)を使用し、ハンドルをスタジオコンポジットのRC-SC EX PLUS(96mm)に変更して使用しています。

パワーのあるロッドなので、リールのハンドルはパワーのあるものに変えるとタックルバランスがより最適化されます。

ラインはシーガーのフロロ30lb(8号)を使用。30lbというと太い!?と思う人も多いと思いますが、このロッドのパワーを考えると丁度いいです。むしろ30lb以上でも全然あり。

エルホリ×おかっぱりの優位性

エルホリをおかっぱりで使用する優位性として、足場が高い場所でも余裕で抜いてキャッチできる点です。

私はアンタレスHGのスプールを深溝スプールに替え、フロロ30lbを巻いていますが、足場が高い場所での釣りでの安心感は計り知れないものがあります。

かけたバスを確実にキャッチできることで、水中にライン等のゴミを残すこともありませんし、第一にバスの口にルアーやフックを刺したままリリースするようなこともありません。

自分自信の安心感だけではなく、バスにも環境にも優しいロッドともいえるでしょう。

注意点

さいごに一点だけ注意点があります。

それはロッドのパワーがありすぎること。

地元の釣り仲間ザクさんはエルホリゾンテにPEを巻き、フロッグで思いっきり合わせたらラインブレイクして自分の顔面強打したそうです(爆)

パワーがあるため、ラインは30lb(8号)以上を推奨。

合わせるときは、腕の力で急に合わせるのではなく、体全体を使い乗せていくというイメージが良いです。

使用するルアーによって合わせをコントロールし、少し手加減する必要があると思います。

追伸1

かなり長文になってしまいました(汗)

強い釣りをしたい人にとってエルホリは最高のロッドです。

エルホリの購入で迷っている人の参考になれば幸いです。

一緒にデカいバス釣りましょう!

追伸2

ちなみにエルホリはネット通販で新品で購入しました。

少しでも安くとヤフオクなどで購入すると、商品状態が良くなく、アホみたいな送料がかかる場合があるのでおすすめしません。(以前デプスのロッドをヤフオクで購入した際、なんと送料4,914円!?→その時の失敗談はこちら

もしもネットで新品を購入するなら保証やアフターサポートがしっかりとしたナチュラムがおすすめです。(ナチュラムの保証についてはこちら

会員になれば5,000円以上で送料無料となるため、「少しでも安く」とヤフオクで失敗した私のようにはなりません(苦笑)

ツララのロッドは基本値下げしていないため定価で新品を購入するのがベストだと思います。

>> 今すぐ新品の「エルホリゾンテ75」を買う(ナチュラムの通販サイトにリンク)

Facebookページ
スポンサーリンク

お役に立てた記事でしたら、Facebookのいいね!やツイートなどシェアをよろしくお願いします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

隙あらばバス釣りをフォロー(※アイコンをクリックしてください。)

にほんブログ村
にほんブログ村 釣りブログへ

この記事を書いている人

サカナ

はじめまして!! サカナです。

「自分に嘘をつかず、自分の時間を生きる」を人生のテーマにしている道楽人間です。
本ブログでは僕の実体験ベースの記事を、バス釣りという共通点でつながる仲間のためシェアするということを心がけています。

詳細 プロフィール はこちら

コメント

  1. haru3 より:

    説得力ありすぎる証拠写真ですねww
    ツララ系はグリップエンドが特徴的ですよね!!ポッコリ感が好かないのですが、安定感は抜群!

    今度私のエルホリ73リミックスも触ってみてください!

    • サカナ より:

      >haruさん

      そうなんですよね!!
      デザインは好きじゃないけど、機能的。

      エルホリ73リミックス!
      あれはカッコイイし、長さも素敵です( ´∀`)

  2. どもー!
    身バレしてましたかw
    なので売名のためにURLも公開しちゃいます。
    私のブログは、サカナさんのブログと正反対で、情報も中身もありませんw
    エルホリ75、どの場面でもピッチングが良いですね!
    ジョイクロとかホグバスターやら、ピンにそっと落としたい時に扱いやすいと感じます。
    エルホリ78もお気に入りで、こちらは7gくらいのクランクやスピナベ、ジョイクロやマイキークラスの巻いて使うルアーが楽しいですね〜♪
    私もデプスのロッドとか欲しいのですが、道具を乱暴にしか扱わないので勿体無くて買えませんw
    たまには釣り場で会いましょう!

    • サカナ より:

      >ザクさん

      あ!ブログもあったのですね!
      こまめに覗かせてもらいますw

      てかピッチング!!
      忘れてましたが、めちゃくちゃいいですよね!
      おかっぱりではフルキャストすることは少なく、90%くらいピッチングで投げてる気がします。

      デプスはブランド価格が乗っかっていてコスパがいいとは言えませんよね〜

      今年は是非あのリザーバー、もしくは野池でもよいので釣りしましょう^^

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。