釣行!安定のノーフィッシュ(苦笑)




14カルカッタコンクエスト100

昨日も行って来ました!

朝4時半起床!6時現場入り!

ぬくぬくし引きこもっていた頃が懐かしい(笑)

 

よく冬の釣りで「ガイドが凍った」なんて見ることがありましたが、私も無事に経験できましたw

とはいえ、しっかり防寒していれば冷たいのは指先だけで釣りできますね!

 

今回はスピニングも持って行き、あの手この手で食わせにかかりましたが、全くの無反応のまま安定のノーフィッシュ。

気温が上がったのでチャンスがあるなら夕方かな?と思いつつ、今回はお昼にあがり、午後は早く帰って家事育児の手伝い。

 

ノーフィッシュでしたが、地元の餌釣りおじさんと話し込み、色々な情報を聞けたので良しとします。(てか昔に比べ小魚が激減(というかほぼ居なくなった)とのことで、バスによる生態系被害の話を聞いて複雑な気持ちに・・)

バス釣りにおける情報収集はインターネットが主流に思えますが、個人的には現場での情報が一番です。誰かと対話して得る情報、自分が釣ったことによる情報、誰かが釣れたことによる情報、etc

事前にネットで情報を調べるのもいいですが、答えにたどり着くのが早すぎて面白くないという側面があると思います。

誰かの情報でバスをキャッチするより、自分で見つけてキャッチするほうが満足感は高いですからね!

 

ちなみにステップワゴンのラゲッジルームのレイアウトをちょっと変えました。
※運転席の後ろ側にはチャイルドシートが載ってます。

●ビフォー

ステップワゴン 釣り ラゲッジルーム(荷台)

↓↓↓

●アフター

ステップワゴン 釣り 荷台 ラゲッジルーム

上の写真だと昼寝したくなった時にシートが倒せないという問題が・・

天井にロッドホルダーを付けようか迷い中ですが、ロッドを取り出す時のストレスを考えると微妙なんだよなぁ




6 件のコメント

  • サカナさんお疲れ様です!
    自分も現地での情報が1番だと思います!!
    通い詰める事で地形の把握、現場での会話、これに尽きると思います!!
    自分のラゲッジも今度紹介しよかな。

    • >ミチさん

      やっぱり現場第一ですよね!
      ラゲッジルームの紹介ぜひぜひ。
      みんな気になるところだと思いますよー☆

  • サカナさん、こんにちは!!
    釣り人同士で情報を交換する時間、個人的に結構好きです。同じ”釣り”っていう趣味だけで、会話できるってすごいですよね(^^)

    自分もラゲッジスペースは色々と工夫してるんですが、”昼寝スペース”を考えるのを忘れてました!!笑

    • >Ryoさん

      こんにちわ!コメントありがとうございます!
      現場での交流っていいですよね〜
      特に年配の方は知識が豊富なので有益な情報であることが多いです^^
      昼寝スペースは朝から晩まで、または帰りのパーキングエリアで重要ですよね〜

  • 真冬の釣りにはグローブの手の甲の所につま先用ホッカイロを内側貼ると、指先の冷えが予防出来ますよ!僕も現場でよく話します。冬なんて釣りより話に集中しないとメンタル持ちません 笑
    在来種が減った話はよく聞きますね。答えはテレビに流れてるブラックバス。自然を大切にしたいのならもっと自分の出来る方向で在来種を増やす方法を掘り下げてもらいたいです。現場でブラックバスを悪く思う人には、ぶつかったりしないですけどね、ここでは正直に。水と生き物を大切にしたいですね。

    • >落ちパクさん

      手の甲のホッカイロで指先の冷えが防げるのはいいですね(^^)

      バス釣りは自然相手の遊びですからね〜
      ホント水と生き物を大切にして、遊ばせてもらってることに感謝ですね( ´∀`)

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。