「1尾の価値を追求するアングラーが増えている」は本当か?その真実を考える




今月号のルアマガ内のコーナーでイマカツのしゃちょーが述べていたこと。

ノーフィッシュが恥ずかしい時代は過ぎた。

一発ビッグフィッシュを狙って

自分が楽しめる釣りに徹するアングラーが

増加しているのは明らかだ。

私的に、ノーフィッシュが恥ずかしい時代というものは知らないですが、この言葉には「まさにその通り」だと思わず頷いてしまったので本日のネタにしようと思います。

近年のイマカツに製品は、この言葉(考え)を元に戦略的にルアーをリリースしている感じがしますよね。

 

でも一方で釣果優先のルアーもきっちりリリースしていて抜け目のなさは単純にすごいなぁと感心します。

それぞれにコンセプトの違う各メーカー

つい最近ではやはりコータローさんが独立しボトムアップというメーカーを立ち上げ記事になっていましたけど、「とにかく釣れるものを作りたい」と語ってしましたよね。

個人的もコータローさんは好きですが、そこだけを追い求めるだけでは現代のアングラーは退屈しちゃうかも?なんて頭をよぎってしまう。。

現代のアングラーはインスタなどで釣果写真をアップしてますが、よりインパクトの強いルアーでバスを釣り、写真自体にもインパクトを持たせたいと考えていると思います。(イマカツのしゃちょーも言ってましたが。)

またルアマガやロドリ、basser等のメジャーな場でプロモーションせずとも、SNS等でうまくプロモーションしてるなぁと思うメーカーもあります。

タイニークラッシュなんて雑誌では見た事なかったですけど、SNSで知り、ネットで買って使ってみたらすごくよくできたルアーで驚きましたし。

現代のアングラーを対象にし、SNSをプロモーションに利用するならば、釣れるインパクト系ルアーの開発ってのがひとつのキーポイントな気がします。

釣りよか人気に見る現代アングラー

すっかり有名になった釣りよかメンバーのみなさん。↑の動画での人気っぷりは普通にやばくないですか?(笑)

こうした流れを見ていると、釣りで食って行きたい人はメジャーなメディアだけを狙う必要はない気がしますよね。(釣りだけではなく例えばお笑い芸人とかも。)

近年ではプロ=すごい(憧れ)というコンテンツよりも、親近感や共通点を感じる個人の世界観や日常の一コマなどのコンテンツのほうが面白く感じます。

 

メディアのあり方、現代アングラー、SNS。。

メーカーはどのような戦略やコンセプトでルアーを世に送り出していくのか?

商品を買う消費者として、また自分のスタイルをどう固めていくのか釣り人として、ふたつの両面から楽しみです。

 

追伸

ちなみに最近YouTubeでハマっているのが、他人が車中泊で旅している動画。(笑)

自分も老後は車中泊の旅をコンテンツにまとめて小遣い稼ぎするのが夢ですw




10 件のコメント

  • 釣りよか、すごいですよねぇ…
    私はジャッ●ルとコラボしたあたりから、観なくなってしまいましたが…

    「これなら釣れる!」
    ってゆールアーよりも、
    「これで釣りたい!」
    ってゆールアーですよね、売れているのは。

    そんな意味では、私もコータロー氏の会社、少し心配しているんですよね^^;
    優等生になりすぎてしまうんではないかと。
    私が心配することではないんでしょうけどw

    • >haruさん

      同感です。
      広告メディアになったとたんつまらなくなっちゃうんですよね…

      コータローさんは信念が勝つような気がしますw
      反面ブレたらヤバそうですが…

  • 釣りよかの方々がフィッシングショーに…汗
    大手釣り具メーカーがブロガーやユーチューバーと連携してプロモーションしているのを見ると、ホント時代の変化を感じます。

    この前、奥村社長の池原釣行がテレ東のザ・フィッシングで放送されていましたが、ビッグベイト縛りで、結果的にデコって終わるというある意味すごい内容でした。
    バスを追い求める姿勢とかルアーフィッシングのスタイルが重視されるようになっているのは間違いないかと思いますね(^^)

    • >みかんさん

      奥村さんの動画は見ました(^^)
      ドキュメンタリー番組ですよねあれは(笑)

      ただ見入ってしまうし、一尾を求める思考プロセスが面白いんですよねー

      ブレずに変わらないスタイルは人を惹き付けますね( ´∀`)

  • いつも楽しくブログ観させてもらってます。自分が掘り下げたい事を検索すると、サカナさんのブログに行き着く事が多く(笑)共感できる事も多かったのでコメントさせてもらいます。
    僕は田辺哲男が好きなので、1匹を追求する魚はコバスでも大好きです。
    最近のバス釣りは、島国ジャパンでルアーフィッシングって肩書が大きくなってきたように思います。魚を捕るって事より釣る。そこまでのプロセスを遊ぶ。海に囲まれてる僕達は、人より多く魚を捕るって事はDNA的な範囲で価値のある事として認識してきたと思います。でも最近では、数では無くバス釣りとして遊んでもいいんじゃないかってのは感じますね。どれをバス釣りとして定義しないってのが、1番楽しい所ですけどね^_^
    デカバスだけ狙うのは難しい
    子バスのみ狙って釣るのは尚難しい 笑

    • >落ちパクさん

      コメントありがとうございます(^^)
      自分も行き着く考えは田辺さんに近いなぁとつくづく思ってました。

      確かに定義しないってのが1番ですよね!!
      十人十色、人それぞれ釣りを楽しんでいればそれでいいですよね〜

  • 掲題とあまり関係ないのですが、初コメント致します。
    現在30半ばで、さかなさん同様に独立して個人で仕事を始めて3年目です。
    20代前半は車走らせるのに没頭し20代後半にはリタイアして、新しい趣味としてバス釣りを始めました!
    とはいえ18.9の頃になんとなくでバス釣りもしてましたが、道具やテクニックについても全く理解してないままでしたが、新しい趣味としての20代後半、社会人としても若干の金銭的ゆとりもあって、本格的に、、、とまあ、まさにさかなさんと同じく、バス釣りに積極的な友人に声を掛けて主に淡路島の野池をメインフィールドとして釣行しております。
    そんなこんなで、もう7〜8年になりますが、初期の頃から比べて随分と道具の知識や技術的なこともレベルアップしたと思いますが、、、もっとレベルアップしたいなと、今年は気合入れ直して釣りしようと思ってまして。
    ここ2年程は3〜4回ほどの釣行であったのもありますが、、、汗
    そこまで詳しく見れてはいないですが、とても共感出来る言葉や説明があったのでコメントしようと思いました。
    そんなこんなで、長文になってしまい申し訳ありませんが、またちょくちょくコメントしていければと考えております!

    ちなみに私はこの掲題について感じたのは、、、
    釣れるのか?釣りたいのか?
    もし、そのフィールドに魚がいると分かっていて、でも自分の釣りたい方法では釣れない小バスがたくさんのフィールドなら!?
    自分はジョイクロで釣りたい!でもジョイクロで小バスは、、、なら私は迷わず4インチカットテールです!笑
    野池を主戦場としているということもあって、郷に入れば郷に従え!ですかね!?
    最近の釣り番組、野池ランガンとかないですもんね!? 基本ある程度の下調べかがあって相応のバスがいるのが分かっているフィールドでの釣り、、、そりゃ相応の奴釣りたくなりますし、相応の奴狙うなら相応のリグで相応に釣れないというリスクも伴いますからね!?
    本当に長文失礼しました〜汗

    • >うは〜さん

      コメントありがとうございます(^^)

      淡路島野池ですか!!
      メディアでしか見たことがないですが野池ランガン憧れます(^^)
      場所によっては野池での釣り禁止が原因で紹介が少なくなってるのかもですね…

      自営にとってバス釣りは特別なものですよね〜
      ストレスも解消できて、非現実な体験はなによりの癒しです( ´∀`)

      郷に従うってのはとりあえず抑えておきたいことですよね!!
      まず釣って、そこから自分なりの釣りで見つけて行くのが楽しいです☆

  • サカナさん
    お返事ありがとうございます!
    淡路島は面白いですよ〜
    いわゆる二段構造になった野池でも、上側の池は超マッデイなのに下側は超クリアだったり!?
    とはいえ、去年の10月末に秘密の野池が釣り禁の立て看(;´д`)
    魚がいるのは確定で釣れたら40UP確定って池なんですが、時代の流れですね、、、泣
    淡路島がメインフィールドながら自宅は大阪北部な為、今年はもっぱら淀川か一庫ダムや青野ダムでただただキャスティングに興じようかと。今更ながら、自分のキャスティングの見直しと精度向上が本年の目標です。
    サカナさんのブログ、その他は一通り目を通しました。
    私も2歳の息子がおりまして、最近、私の釣り魂が再燃していることに気付いているのかいないのか片言で、パパ〜釣り行く〜と言います。
    この片言の釣り行く〜が私の釣り魂に油どころか、ガソリン注ぐ状態です。
    せめてもの、息子にまともにルアーフィッシングの基本位は教えてやれる様になる為にもと思い至っている感じです。
    またまな長文のリコメになりましたが、その他一通り拝読しまして、私もFCスナイパーをフロロのメインラインにしてみます。

    • >うは〜さん

      淡路島でも釣り禁止が増加してるのですね・・・
      釣り人のマナーを訴えても、マナーの悪い人はなかなか治らないと思うのでもどかしい限りです・・

      淀川は難しそうなイメージがありますが、同時にビッグバスのイメージもあり攻略しがいがありそうですね!

      子どもと釣りは楽しそうですよね〜
      うちは女の子なのでどうかな?という感じですが活発なのでついてきそうですw

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください