釣り人によるゴミのポイ捨て問題と釣り禁止に関する私の考えと行動

お役に立てた記事でしたら、Facebookのいいね!やツイートなどシェアをよろしくお願いします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサーリンク

釣り人 ポイ捨て

釣り人によるゴミのポイ捨てやマナーの悪さにより、私たち遊びが少なくなってきています。

レジェンドと呼ばれる釣り業界の人たちも「日本の釣り場は終わってる」と言っているほど深刻な問題。

本日はいままで当たり前すぎて触れずにいた、ゴミのポイ捨て問題と釣り禁止の関係性について自分の考えと行動を書こうと思います。

ちなみに写真はバカの尻拭いと題し以前ブログを書いた時のものです。

スポンサーリンク

ポイ捨てして怒られた幼少期

私は子どもの頃、親戚のおじさんが運転する車の窓から缶を投げ捨てた時にめちゃくちゃ怒られた経験があります。

その時のことはいまでも強く残っていて、「ゴミを捨ててはいけない」ということを親戚のおじさん、おばさんから教育してもらったのだと、大人になって分かったことで、ありがたいとも思える経験でした。

この経験のおかげで(親の教育ももちろんありますが)、大人になってもゴミのポイ捨てに関する意識は強くなりました。

ポイ捨てする人について

ゴミをポイ捨てしてしまう人というのは決して悪気があるわけではないことが多いと思います。

私の中学からの友人は、高校を卒業し、いい大人になってからもポイ捨てしてしまうような奴・・

その行動に毎度毎度イライラし、注意してましたが、治らないんですよねー 本人は自然の行為なので・・

そこである日「ゴミをポイ捨てすると罰金らしいよ」と言ってみたら、その日だけはしっかりゴミはゴミ箱に。

強迫観念を煽って注意しても根本はすぐには変わりません。

例として私の友人の話を出しましたが、ポイ捨てする人ってあまりにも自然すぎて、悪気はないことが多いのですよね。。

だからこそ根気強く伝えたり、教育していく必要あるし、単に責めてはいけないと最近になって思う次第です。

責めるのではなく周囲が配慮したり、ひとりひとりができることをするのがいいのかなぁと。

タバコによる火災や、ポイ捨てされたタバコの清掃費用、年間2,000億円

スノーボードが大好きだった20代の頃にゲレンデのタバコのポイ捨てが非常に気になり、少し調べた時期がありました。

その調べた際に印象に残っていることは

  • タバコのフィルターが土に還るまでにかかる年数は1年〜5年
  • タバコによる火災や、ポイ捨てされたタバコの清掃費用、年間2,000億円

ということ。

「スキーやスノーボードをやっている人、こんな経験ありませんか?」

春になって雪が解けてリフトに乗ると、タバコのフィルターが散乱してして心が痛くなってた。。

毎年雪解けの季節になると、雪が解けてしまう悲しさと、ポイ捨てする人が居ることへの悲しさ。。

下記は少し情報が古いですが、タバコのポイ捨てによる環境汚染のデータです。

洲本市禁煙支援センター「タバコと環境破壊」
http://www1.sumoto.gr.jp/shinryou/kituen/environ.htm

メーカーがゴミ拾い活動するなんて当たり前すぎて賞賛する気になれない

いつも疑問に思ってることなんですが、メーカー主催によるゴミ拾い活動。

色んなメディアでやる前、やった後に告知するのは別にいいですが、それを賞賛することについて、私の考えは当たり前すぎて賛同できないということです。

その理由は、ルアーやラインなどのゴミというものは、製造しなければゴミになりませんよね?

ということはメーカーがゴミ拾い活動することは社会的使命であると考えられる。だから当たり前であり、賞賛?と疑問符が立つわけです。

そしてゴミになりかねるルアーやラインを使って釣りをする私たちアングラーも現場でのゴミ拾いをすることは社会的使命なのかもしれませんね。

影響力がある人による告知は効果あり!

メーカーがゴミ拾いすることは社会的使命と言い切りましたが、メーカーに所属しメディアで影響力のあるアングラーによる告知は効果があると思います。

私の場合、幼少期に親や親戚のおじさんとおばさんに教育を受けましたが、人は自分が尊敬できる人の言うことは聞く傾向が高いですよね?

なのでその心理を利用し、影響力の高いアングラーは、その影響力を良い方向に使って欲しいと切に願います。

親の言うことは聞かなくても、師匠や先輩の言うことだったら聞くとかありますからねー

拝啓 釣具屋さんへ

長くなりましたが、あと一点だけ伝えたいことが

拝啓 釣具屋さんへ

「売上アップのために色々企画し、物を売るのはいいですが、顧客の教育も同時に行ってくんねえかな」

釣具屋が売上のために色々と企画するのはいいけど、現場・現実のことをもっと考えて欲しいと思います。

冒頭で書いたバカの尻拭いの時は、デカいバスを客同士が競うという◯◯◯◯ダービーとやらの企画が始まってから、急に現場が変わってしまいました。

そしてなにより最悪なのが、

  • どこで
  • 何時に
  • どれくらいのサイズが釣れた

って情報がだだ漏れになってしまったこと。。

地元の人でさえ隠したいような場所の情報も漏れ、釣り人によるマナーの悪さ、ゴミのポイ捨て問題。。

それが原因で野池が釣り禁止になっていく。。

釣り人が原因で野池が釣り禁止になったことは明らか。

それを裏付けるようにこんなことがありました。

それは昨年、某リザーバーでボートを片付けている際、近くに居たアングラーさんと話をしていたら、「今年は野池が2つ釣り禁止になったんですよ」と。

その野池の持ち主はアングラーさんの親戚らしく、「釣り人によるゴミとマナーが原因で釣り禁止にした」と聞かされたそうです。そして現場には店名の入ったゴミ袋。。

釣具屋はもう言い逃れできませんよね・・

もしこの企画を本当の意味で成功させたかったのであれば、同時にゴミ拾いやマナーについて顧客を教育する必要があったのだと思います。

クレームなどが耳に入り、いまではゴミ拾いなどを促進しているようですが、もう遅いです。マジで。

ゴミ拾いは自分のため

ポイ捨てやゴミ拾いについてこんな風に書いたり、ゴミ拾いをしたことをSNS等でわざわざアップすることについて「偽善者ぶってんじゃねぇ」と思う人も居るでしょう。

この偽善という意見について、私の考えは「偽善ではなく、自分が幸福を得るための貢献感」であると考えます。

かんたんに分かりやすく言うと「自分のため」です。

釣り場を守りたい、自然を守りたいという動機が、ゴミ拾いという行動を起こし、「いいことをした」と、「いい気分」になる。

この貢献した気持ちにより、幸福を感じる。

世のため人のため自然のためとは上っ面であり、本質は自分のため。これが私の考えです。

ってことで早速「自分の幸福感のため」にゴミ拾い活動をやってみよう!(爆)

追伸

最近フェイスブックページを作りました!フォローいただければフェイスブックから記事をご覧いただけます♪

Facebookページ
スポンサーリンク

お役に立てた記事でしたら、Facebookのいいね!やツイートなどシェアをよろしくお願いします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

隙あらばバス釣りをフォロー(※アイコンをクリックしてください。)

にほんブログ村
にほんブログ村 釣りブログへ

この記事を書いている人

サカナ

はじめまして!! サカナです。

「自分に嘘をつかず、自分の時間を生きる」を人生のテーマにしている道楽人間です。
本ブログでは僕の実体験ベースの記事を、バス釣りという共通点でつながる仲間のためシェアするということを心がけています。

詳細 プロフィール はこちら

コメント

  1. TAIDON より:

    釣具屋がゴミ拾いはあたりまえ、アングラーがゴミ拾いあたりまえ。

    自分も「オレはゴミ拾ってるんだぜ!」になってましたぁ(^_^;)

    清掃活動をメディアでアピールは良いことだとおもいますけど♪

    • サカナ より:

      >TAIDONさん

      個人がどんな風に思うにせよ、自分が釣りに行ってゴミ拾いしてくるのって素晴らしいと思います!!

      当たり前なんですが、やっぱり素晴らしいですw

      釣り場に着いたらゴミ1つなく、気持ちよく釣りができたらサイコーですよね☆

  2. 落ちパク より:

    国の規模で汚染物を海に流してる事を、あやふやにしてるのは教育に本当に良くないですよね。日本が世界の海にした事は、世界規模で非難されてる事だと思います。もっと真実をテレビで放送し、日本人として出来る事。してしまった事。見直す時だと思います。
    考えたり、感じたりすれば自然に動ける事って沢山ありますよね。

    • サカナ より:

      >落ちパクさん

      現実をメディアが報道することは大事ですよね!
      非難されることを恐れているんでしょうけど・・

  3. みかん より:

    釣具店が顧客の教育…超わかります…
    メーカーや各団体がゴミ拾い活動やってることを耳にしても、釣具店は…少なくとも、私の近所の釣具店では…

    ゴミ拾いの話とは少し離れますが、例えば経験浅い人に対して、平気でほっそいライン、小さいフックを進めたり…ラインブレイクやフックが飲まれることの危険性を伝えずに、です…

    自分のためにゴミを拾う、シンプルでいいなと思います♪

    • サカナ より:

      >みかんさん

      多くのアングラーと触れられる釣具店だからこそ、販売と同時に教育もして欲しいですよねー
      てか、一石二鳥でめちゃくちゃ効率が良いと思うし、「あそこの釣具屋は分かってる!」と、逆に評判も良くなりますよね!

  4. kfcmichi より:

    なんの気なしに捨ててる。納得です。
    ワームのパッケージやハードルアーのパッケージが捨てられていると、「なんで敢えて捨てるかなー。」などと思っていましたが、、、
    言われてみれば捨てる本人は悪気なく自然に捨てているんでしょうね。
    自分は自分のラインゴミや吸い殻はもちろん捨てませんし、パッケージを捨てるなんて考えもつかなかった。
    さすがに人の吸い殻までは細かく拾えませんが、ラインゴミやパッケージは拾うようにしています。
    KEEP CLEAN!!!!

    • サカナ より:

      >ミチさん

      ゴミ拾いしないまでも自分がゴミを捨てないなんて当然すぎますよね!
      私も目に付いたゴミくらいしか拾わないので、今後はコンビニの袋を携帯し釣れない時間にゴミ拾いするよう心がけます。

  5. haru3 より:

    ゴミにはホントに足元すくわれると思いますね。私も最近では「ライン、ワーム、フック等」に限り拾うようになってきました。
    だけどドロまみれの弁当ゴミとか、空き缶とか、流石にそこまで拾えるほど心広くないです^^;

    私は思うことは、メーカーや釣具店にも責任はあると思うのですが、どんなに啓蒙活動しようが、「結局捨てるやつは捨てる。」のだと思います。これは、釣りに限らず(ゲレンデの話もありましたが)です。

    私の周りにも、タバコ捨てるやついます。排水溝の中に入れたりしてるので若干の罪悪感はある様子^^;
    「悪い癖」なんでしょうね。。。
    また、以前にタバコの空き箱を投げ捨てた奴に「おじさん、落し物ですよ!」と注意したことあったんですが、そのときはちょっと絡まれましたねw怖かったw
    でも、普通の人なら「殴られでもしたらたまったもんじゃない。」という発想になると思いますし、今なら私もそうします。

    以前、釣り場に朝イチで入ったときの事ですが、程なくして私の後に入ってきたバサーは30分ほど投げたあと、なんとゴミ拾いを始めたのです!
    私、何も悪いことしていないのに、なんかすごく小さく感じてしまって…
    せめてラインゴミだけでも…って発想は、この人の影響です。

    長くなりましたが、やはり「やる」という行為は、メーカーであっても個人であっても、とても重要だと思いました。
    それでも捨てる奴は捨てる。
    だけどそれを見て聞いて、気づく人はいるのだと思ってます。

    こうやって、発信して行くこともゴミ(捨てる輩)拾いの一環だと思いました(^^)

    • サカナ より:

      >haruさん

      注意の仕方や、注意する言葉とか難しいですよね・・
      何言っても「はぁ」って感じでしょうから・・

      しかし30分投げてゴミ拾いするバサーは釣り人の鏡です。
      見習わないとですね!

  6. 横浜のS より:

    このゴミ問題、我々がカッカしても一向に収まらず
    現場に行けば、ゲーリーやらレイドやら黄色やオレンジのビニールが散乱
    コンビニの弁当のゴミと共にライン屑からフックまで…
    現場が汚れ釣りが出来なくなる事もそうですが、そのゴミに集まる
    ネコや犬、鳥までもラインに絡まったり針を飲み込んで死んでしまう…
    とても悲しい事です…
    確かに、メーカーや釣り具屋がゴミの回収まで責任を持つ事も大事ですが
    やはり、究極には罰則強化でしょうかね~
    自治体(町)毎に罰金程度の罰則を作れば(今よりも強化すれば)
    再度情報公開されるでしょうし、パトロールや通報も増えるだろうし
    自分の家の中ではごみを捨てず外に捨ててしまうような教育されてきたご年配や
    親世代から教育し直さないと、それを見てきた子供達は捨てるのが当たり前だと…
    もう少し、言われなくとも常識、考えて欲しいですよねー
    こんな事(ゴミを外に捨てないなんて)口にもしたくない事です…。

    • サカナ より:

      >Sさん

      罰金制度!激しく同意です!
      もうそこしかないですよね!

      なかなか現実的ではないのは、取り締まりが追いつかないからなのでしょうか・・

      ともあれゴミを捨ててしまう人を非難するよりも、自分ができることをやることが最優先かもしれませんね!

  7. うは〜 より:

    なかなかコメントするのが難しい内容でしたので皆さんの意見を拝見したいなと思っておりました。

    非常に難しい問題です。

    私個人としては、ゴミポイ捨しないは当たり前ながらも、現場で見つけたゴミまでもを拾うことはしてませんでした。
    しかしながら皆さんの意見を拝見しまして今後は現場で見つけたゴミも拾います!っていう風になるのにも私個人は何か違和感を覚えます。

    やはり結局は個人の意識の問題だと私は思ってます。
    意識的な人もいれば無意識な人もいて、、、
    だから仕方ない、、、ではないですが、しかしながら答えも見つからない訳です。

    これだけ意識的に考え、実際に行動される皆さんの様な方々がいるのに、釣場のゴミはなくならない。明らかな矛盾の様ですが私が思うに想像を越えるくらい、無意識にゴミを放置している人が多いのかもしれません。
    悲しいかな現実ですね、、、

    何か皆さんとは異質かもしれないコメントになっている様な気かしますが、、、
    また何の妙案も浮かばずですが、、、
    ただ、難しいネガティヴな問題であることは最低限、理解しているつもりです。

    もし理想論があるとすれば、ゴミを捨てない、残さない、全ては自己責任ということが通例になることです。
    極論過ぎますかね、、、汗

    サカナさんの提案、釣具屋さんからのアナウンスっていうのは大賛成です。釣具屋は釣り人に与える影響力も十分でしょうし些細なところからでもアクション起こして欲しいものですね。例えばワームコーナーに目立つPOPで、ワームは土に還りません!的な
    まあ、これはこれで私は他力本願!?

    個人的意見、失礼しました。

    • サカナ より:

      >うは〜さん

      うは〜さんのおっしゃる事は異質でもなんでもないと思います!

      釣りですから、やっぱり魚を釣って帰りたい。
      時間を捻出して釣り場に言っている人であれば、なおさらだと思いますし。

      私も、よほど気になった時しかゴミは拾って帰ってません。
      なんていうかふと気持ちが切り替わった時というのでしょうか?
      釣果最優先で現場に行くとどうしてもゴミが目につかない事もあると思いますが、ふとした時に自然が汚されてる感じがすごく嫌なんですよね〜

      「ワームは土に還りません」などの一言など具体的な案をこういった場所で提案していくのもありですね!(釣具屋さんも誰かのブログをみる事もあるでしょうから)

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。