カルコン100をチューンナップ!ZPIのNRCを取り付けてみた

お役に立てた記事でしたら、Facebookのいいね!やツイートなどシェアをよろしくお願いします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサーリンク

ここ最近は釣りに行っておらず、来シーズンのことばかり考えております。

色々と考えたり準備するものはありますが、中でもリールに関するストレスや悩みを改善しようと情報を調べたり、必要なものを買ったり、いらないものを売ったりしてます。

ZPIのNRC取り付け

ZPI NRC614M

よく使うリールに関しては、自分に最適なリールに仕上げようと考え、まずはカルコン100にZPIの「NRC」を導入してみました。

僕がカルコンに持つ悩みやストレス、求めることは

  1. バックラッシュを極力減らしたい
  2. キャストフィールを上げ、飛距離を伸ばしたい

という点です。

こう思ったキッカケはスティーズSV TWを購入したことです。(てかSVリール)

とはいえ全てのリールをダイワにすることは考えられなかったので、お気に入りのリールを自分に最適化させたくなったというわけです。

カルコンは優一無二ですからね〜

カルカッタコンクエスト100 ZPI NRC614M

ってことで作業開始したのですが、細かい作業で地味にめんどくさかった・・

ちなみに作業内容としては遠心ブレーキをマグブレーキに変える作業です。スプールは単に交換するだけなので全く問題ないです。

↓ 参考までにNRCをカルコンに取り付ける動画を貼っておきます。

さいごに

手持ちリールのストレスや悩みを挙げるとまだまだ出てきます・・

全て改善するのは無理かもですが、色々と試して成功したこと、失敗したことなどこの場でシェアしていきたいと思います!

今回のNRC導入に関しては、天気の良い日にでも試投してきます〜

Facebookページ
スポンサーリンク

お役に立てた記事でしたら、Facebookのいいね!やツイートなどシェアをよろしくお願いします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

隙あらばバス釣りをフォロー(※アイコンをクリックしてください。)

にほんブログ村
にほんブログ村 釣りブログへ

この記事を書いている人

サカナ

はじめまして!! サカナです。

地球のどこかで釣りしてます。

コメント

  1. あべんた より:

    自分も通年なら既にオフシーズンなのですが、
    今年は冬の釣りを覚えようと思い、12月中も何度か釣りに出撃しましたが、あまりにも何もないので、精神的にやられましたwww。
    冬って難しいですね。どこにバスがいて、どんな釣り方をすればいいのか全く分かりません!
    並木さんのシーズナルパターン冬を見て、張り切って行ったのですが、
    当然並木さんの様にはいかず、ただ釣れない苛立ちがつのり、キャスティングのし過ぎで腱鞘炎になった右手は悲鳴を上げ、帰りに渋滞にはまり、散々な目に会いました 
    泣)
    それでも翌週には釣りに行っちゃうんですけどね。
    釣りって恐ろしいですねぇ(笑)

    • サカナ より:

      >あべんたさん

      冬の釣行お疲れ様です!!
      現場に行っていること自体素晴らしいと思います!

      家でぬくぬくしている自分とは比較になりません・・

      冬はポイント選びが大事そうですが、
      かといって超メジャースポットでテトラの穴釣りとかじゃな・・

      なんて思いながらどうすればでかいバスを釣れるか?
      と悩んでます。。

      腱鞘炎になるまで投げる。そして翌週には釣りをしちゃう。
      ぜひ見習いたいと思います!

  2. kfcmichi より:

    サカナさん
    お疲れ様です!
    皆さんのように強い釣りをしない僕、、、
    河川でも野池でもビッグバスではありませんが毎年答えてくれてます。
    釣りのスタイルは人それぞれですのでなんともなところはありますが、
    僕はフィネス&バーサタイル寄りのフィネスばかりだから子バスが応えてくれるのか!?
    嫁が許可をくれる瞬間にフィネスで1本がスタイルになっています。笑
    諦めた訳ではありませんが来年こそランカーゲットしたいです。

    • サカナ より:

      >ミチさん

      いや十分なサイズ釣ってると思いますよw

      強い釣りの定義ってひとそれぞれだと思いますが、その日の状況にアジャストさせることはすなわちストロングと言えると思います!
      単純にルアーがでかければ小さいのが食えないってだけで、青木大介のようにフィネス中心の釣りで、デカいのを釣れるスキルのほうが全然上だと思いますし。

      ランカーの壁って意外と高いですよねw
      とりあえずはなにより楽しんでバス釣りしましょう〜♪

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。