スティーズSV TWとMGX

お役に立てた記事でしたら、Facebookのいいね!やツイートなどシェアをよろしくお願いします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサーリンク

スティーズSV TW MGX

写真左はレボ「MGX(シャロースプール変更)」ですが、僕はこのリールは結構お気に入りで使っています。

といっても通年PE35lbを巻いていて、用途は軽めのトップウォータープラグ。

このMGXを売りに出して、スティーズのスプールをもう一個購入しようか検討してます。

スティーズSV TW スプール

ってちなみに替えのスプール、ひとつは購入済み。

こう思ったのも、MGX(シャロースプール変更)とスティーズSVの使用感が似ているからなのです。

本来であれば二台持っていればいいじゃん!と思うのですが、似ている中でも、やはりMGXよりスティーズSVのほうが上手。

との理由と、何台もリールがあっても・・という二つの理由により悩んでいるのです。

スティーズSVに巻きたいラインは

  1. 10lb(フロロ・ナイロン)
  2. 12lb(フロロ・ナイロン)
  3. PE35lb

の3つ。

この3つをその時の用途に合わせて変えていきたい。

ラインを巻き変えるのってめんどうだしね。

追伸

スティーズの気に入らなかったドラグは変えました。それとハンドルノブも。

釣りに行っていないこの時期、今年はリールの悩みが気になり始め、機能的にも見た目的にも変えていきたいなぁと思っています。

Facebookページ
スポンサーリンク

お役に立てた記事でしたら、Facebookのいいね!やツイートなどシェアをよろしくお願いします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

隙あらばバス釣りをフォロー(※アイコンをクリックしてください。)

にほんブログ村
にほんブログ村 釣りブログへ

この記事を書いている人

サカナ

はじめまして!! サカナです。

「自分に嘘をつかず、自分の時間を生きる」を人生のテーマにしている道楽人間です。
本ブログでは僕の実体験ベースの記事を、バス釣りという共通点でつながる仲間のためシェアするということを心がけています。

詳細 プロフィール はこちら

コメント

  1. kfcmichi より:

    サカナさん、お疲れ様です!
    旧スティーズの105浅溝スプールだと装着できますがブレーキが強まるって話を聞いております。
    ご存知でしたらすみません!

    • サカナ より:

      >ミチさん

      ウェブサイトにて確認済みでしたが、「大丈夫っしょ」てな感じで購入しちゃいました!
      もし使いずらければ即売りに出しますw

      • kfcmichi より:

        あ、よかったー!
        サカナさんも、大丈夫っしょ?的なところがあるんですね!!
        綿密な計画に基づく策士かと、、、

        • サカナ より:

          >ミチさん

          いえぜんっぜんそんなことないですよw
          細かいとこは細かいんですけど、大雑把なとこはかなり大雑把ですw

          • 通りがかり場さー より:

            通りすがりのコメント失礼します。
            私も浅溝のSVスプールが欲しくてSTEEZ SVスプールの導入を考えているのですが、やはり実際ブレーキがかなり強くかかるのでしょうか?
            どの程度使用に差し支えるのか気になりまして…

          • サカナ より:

            >通りがかり場さーさん

            コメントありがとうございます!
            お答えしたいのですが、購入したのが今冬ということもあり、まだ実際に使用していないため正確な回答ができません。。
            お力になれず申し訳ありません。。

  2. KBB より:

    MGXはボディ的にもいい構造ですよね。
    パーミング感も絶妙で。

    自分はレボ3系にNRC組んで使ってますが、MGX系のタイプの方がスプール幅が狭くライン放出の抵抗値が低いんですよね。

    以前、MGXにNRCピックアップしてあるのを試投しましたが現行ステSVTWより遥かに使いやすいっていう…w

    インプレ楽しみにしてます( ͡° ͜ʖ ͡°)

    • サカナ より:

      >KBBさん

      パーミングの絶妙感!分かります〜
      それにしてもリールのチューニングは奥が深いですね・・

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。