秋バスの釣り方…翻弄され続けた3日間の釣行記

お役に立てた記事でしたら、Facebookのいいね!やツイートなどシェアをよろしくお願いします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサーリンク

気まぐれな秋のバス。釣り方が分からない、バスの居場所が分からないなど苦手な人はかなり居るのではないでしょうか?

過去を振り返ってみても10月に入ると釣果が安定してなく、むしろ稀にしか釣れてない…

いつの間にか苦手な秋到来の中、今週は3日間ボートで釣りして苦戦した釣行について書こうと思います。

1日目

いつものリザーバーへ。二週間ぶりとかなり久々でなおかつ広範囲に散る季節ということも考えスピナーベイトを巻き続けるも反応なし。

で、今日はタフった時の新しい釣りを見つけてやろうと、色々と試してみたのですがことごとく反応なしw

結局スモラバでちいさいの一本のみ!(苦笑)

一日中、曇り時々雨といった天気だったのですが、ここ雨が降ると経験上8割パワーダウンするんだよね・・

2日目

2日目の火曜日は気分を変えて某リザーバーへ。かなり久々です。たぶん二年ぶりくらい?

ワクワクしながら現場に着くと、ボートを下ろす前からディープをメタルでしゃくってる人がヽ(`Д´#)ノ

それ見た瞬間「釣れてないんだろうな・・」と頭をよぎるわけですよ。。

で、全くもってその通りで、確実な場所でのネコリグにも無反応で結局ノーフィッシュ、ノーバイトでした!

久しぶりに釣れる気がしなかった・・

3日目

中一日明けて木曜日、いつものリザーバーへ。

月曜日に散々だったので確実に難しい状況なのは間違いないですが、唯一の救いは晴れて暑くなること。「こんな日は午後から調子よくなるんだよなぁ」と思いつつも、朝4時に目が覚めてしまい朝から出勤w

到着後早々にかまりょさんが来たので、尻に引っ付きながら一緒に流します。

朝まずめはそんな感じでかまりょさんのソアリンに小バスが一本釣れただけでダメダメ状況。。

その後8時くらいかな?岬をスモラバのフォールで狙うと待望のバイトがあったんですが、潜られて巻かれちゃいました。

その後は何をやっても、どこを狙っても反応を得られず。

秋バスはランガンとタイミング

3日間の釣行でいいバスを手にせず自宅に帰るのが嫌だったので、「今日は釣るまで帰らねぇ」と決め、気合いを入れ直して集中モード。

ディープに落ちた感じでもないし、食ってるやつは食ってると考えると、やっぱりタイミングを当てるしかない。

バスが居そうな場所をじっくり狙うのもいいけど、ボートフィッシングの魅力は活性の高いやつをランガンして釣るのが醍醐味なので、とにかく動き回ることに。要所要所だけを回りに回って釣りした結果、サカマタシャッドで待望のバスちゃんゲット!

サイズは43cm

サカマタシャッド 6インチ

釣れた後はエレキを踏んでその場から離れ写真撮影。

サクッと写真を撮り終え、再度アプローチすると二連発(・∀・)

サイズは39cm

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

諦めずに頑張った甲斐がありましたよ。。久しぶりに感無量。。

その後はハイカットで流し1本追加。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

こんな感じで3日目はなんとかバスをゲットし終了です。

秋バスの釣り方

3日間かなり苦戦し、改めて秋バスの難しさを痛感しました。

「秋は巻物」そんな言葉が一般的に浸透してますが、この言葉の持つ本来の意味は「散ったバスを効率よく釣るための道具としての巻物」なのかなと思います。

ワカサギに付いて回り、沖の変なところでボイルするバスをなかなか狙って獲れないすよ。。

なのでバスがバカになる瞬間をものにするために人間も動き回って、効率のよいルアーで手早く釣っていき、タイミングを合わせていくというのが個人的な秋の釣り方です。

釣れない時に粘って経験値を獲得する

リザーバーというのはそこそこ広いし水深もある。山上のリザーバーでは朝晩の冷え込みが強く、昼間との寒暖の差が激しい。そこにプラスして今年は長雨。

こうした要素を考えるとリザーバーというのは難易度が高いと感じてます。

特に春の気温、水温の変動が激しい時や、秋の天候や気温差が激しい時などは顕著に出ます。

こうなると釣れないどころかバスからの反応もないため、心が折れて諦めたくなるんですが、試行錯誤した結果、釣れることがあるとそれが経験に変わってくる。

釣りが上手い人って、その日の状況に合わせて釣る人が多いですが、それって釣れない時にああしてこうして、結果的に釣ったという経験がある人なのだと思うわけです。

結局「釣り」なので、魚が釣れないと面白くない。

だからノーフィッシュ何度も食らっても、考えて釣り続けることが、結果的に面白さにつながってるんだと思う。

Facebookページ
スポンサーリンク

お役に立てた記事でしたら、Facebookのいいね!やツイートなどシェアをよろしくお願いします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

隙あらばバス釣りをフォロー(※アイコンをクリックしてください。)

にほんブログ村
にほんブログ村 釣りブログへ

この記事を書いている人

サカナ

はじめまして!! サカナです。

地球のどこかで釣りしてます。

コメント

  1. あべんた より:

    ”釣れない時に粘って経験値を獲得する”
    同感です。
    釣れてるときは、いつもと同じ釣り、同じポイントで釣りしがちですが、釣れないときにいつも手を付けない場所、いつもしない釣りをすることで自分の引き出しを増やしていけるのだと思います。
    自分も今週、何もやっても釣れないので、普段あまりやらない釣りに挑戦したのですが、それで何とか2匹ゲットできました。
    滅茶苦茶うれしかったです 泣)
    これからの自分の武器の一つになってくれそうです。
    また、自分はボウスだけは、絶対にやらないと心に誓い、ハンターになりきって釣りしてます 笑)
    相変わらず、サカナさん釣りますね。さすがです!

    • サカナ より:

      >あべんたさん

      普段やらない釣りで2匹は嬉しいですね!!
      僕もこの感動を狙ってたんですが不発でしたw

      通っている場所でも時期や状況によって釣れる場所や釣れるルアーが変わるのでバス釣りって本当に面白いですよね〜

      今回は本当に苦労してやっと釣れたのでもっと突き詰めて行きたいです^^

  2. カワズスタイル より:

    お疲れ様です!

    まさにこの記事を、秋のバスに翻弄されている中で読みました。笑

    なんとか一本は取れたんですけどね、最大魚はラインブレイク…

    経験値を積みに、明日も浮きます(^^)

    • サカナ より:

      >カワズスタイルさん

      弄ばれちゃいましたか?w
      秋のバスと女心は分かりませんね〜
      明日はガッチリ決めちゃってください!!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。