【2016】野尻湖おかっぱりバス!釣果&攻略法




野尻湖 マリーナ

今年も時期的にシャローに上がってくるであろうスモールバスを狙いに野尻湖に行ってきました!釣行は二泊三日で、初日は野尻湖、2日目は希望湖、3日目は再び野尻湖です。

ちなみに上記の写真はマリーナ側の町営駐車場がある場所ですが、シャローフラットになっていて、バスのスポーニングエリア。足場が高いためベッドを作っているバスが見えやすく、おぱっかりでもボートでもサイトをする人が多い場所です。

2016年の野尻湖(1日目)の釣果

今回は足元に見えるベッドのバスは狙わないをテーマに釣りすることに。まぁ沖のサカナも結局はベッドのバスになっちゃうんだろうけどね。とりあえず色々試し、研究しながらデカいバスを自分なりに探して釣ってみました!

 

そして1日目の釣果は15本。

40アップは3本でした。下記に詳細を書きます。

 

▼1本目は45cm

野尻湖 40アップ

ルアー:カットテール4インチ(カラーはウォーターメロン)
リグ :ネコリグ(ガード付きマスバリ、0.9gのネイルシンカー)

タックル
ロッド:フェンウィック ゴールデンウィング GWT-SF61SUL J
リール:シマノ ストラディック
ライン:フロロ3lb

釣り方
沖に薄っすら見える岩の裏側(ボトム)を狙い、シェイクして誘って食わせました。ルアーを一旦沖に投げてボトムまで沈ませてから、岸までシェイクもしくはズル引きでヘコヘコさせながら引いてくる感じ。

釣れた場所
菅川エリア(静かで自然豊かで個人的に一番好きなエリアです♪)

 

▼2本目は43cm

野尻湖 ビッグベイト

ルアー:ブルシューターJr.

タックル
ロッド:メガバス オロチ F6-71X4(MAT BUCKER)
リール:シマノ カルコン200
ライン:PE64lb + フロロ16lbリーダー

タックルについては、フロッグ用に持ってきたロッドを急遽使ったのでPEとか巻いてました。

釣り方
ブルのアイに5gのシンカーを付けてシンキングチューンし、沖に投げて完全に沈めてからボトムのズル引きで使用。野尻湖は比較的フラットで根がかりしずらい場所が多いため恐れずにズル引きで使いました。まぁロストしたら泣くんでしょうけどw

釣れた場所
野尻湖マリーナ

 

▼3本目は41cm

野尻湖 ビッグベイト

ルアー:ブルシューターJr.

タックル
上記のバスと同様のタックルです。

釣り方
上記のバスと同様の釣り方です。

釣れた場所
野尻湖マリーナ

 

野尻湖バスの攻略について

攻略を語れるほど野尻湖で釣りをしてませんが、この時期(5月)僕なりに見つけた&現場で出会った上手い人に聞いた攻略について書こうと思います。

ルアー(ワーム)について

個人的にこの時期に実際に釣って、ハマったルアーを紹介しますね。

スモールマウスバスはその名の通り、口が小さいため、基本的にルアーは小さめのもの。ラージのように興味本位でバイトしてくることはほぼない生き物だと最近感じます。

ストレートワームだったら、カットテール、ドライブクローラー、マイクロクローラーなどの細身のシルエットのもので、大きさは3から4インチ程度のもの。カラーは水がクリアなので透けてるものが良いかなと思います。(サイトするならチャート系や白)

その他ハマったルアーとしてはイモグラブのノーシンカー。サイズは40。カラーは赤。で、使う場所はマリーナエリア、砂間が崎エリアの浅い場所。今回砂間が崎エリアは時期早々だったようでバスがいなくて不発でしたが、過去の釣行ではかなりハマって爆よく釣れました。マリーナエリアでは毎年安定の釣果です。

今回の釣行で会った人もいつもボートで40アップぼこぼこ釣るらしいですが、「小さくて丸っこいワームがいいですよ」と言ってました。←イモじゃんねw

また、朝と夕方のいい時間にはフィーディングのバスを狙ってマイラーミノーやフラッシュJなどのジグヘッドリグ(ミドスト)もありです。

野尻湖 マイラーミノー ミドスト
写真は昨年、野尻湖(砂間が崎エリア)で釣ったもの

ちなみに紹介したおすすめのワームは通年使えると思いますが、夏は虫パターンが始まるようなので虫ルアーも加わると思います。

タックルについて

野尻湖 タックル

リールはスピニングでラインは2.5lbとか3lbと細いもの。この時期に限ってはベイトタックルで太いラインでもオッケーな気がします。(事実釣れましたし)

とは言え、野尻湖の釣り(スモールの釣り)に合わせるなら、ULからL程度のロッドに細いラインがマストです。

番外編

野尻湖に合わせた攻略について書きましたが、フィネスで確実に数本釣ってからは、自分の好きな釣りに徹し工夫しながらバスを狙うのも面白いと思います。

野尻湖 バイブレーション

上記は他の人が足元のバスをサイトで狙ってる中、沖にバイブレーションをぶん投げて底をズル引きして釣ったバス。ダウンショットやキャロもしくはスプリットショットでボトムを取りながらする釣りをバイブレーションで行ったという感じです。

この釣りは風が強く向かい風の中でも通用する釣り方なのはメリットです。(ワームに比べたらバイト率は激減するでしょうがw)




野尻湖 40アップ

2 件のコメント

  • いやー羨ましい&勉強になります!
    野尻湖暑いんですね!!
    今週末、仕事で新潟なので、帰りに寄れたら寄ってみたいなー。
    出張のタイミングに行ったことはあるのですが、いつもシーズンオフでいつも釣れないんです。
    今、まさに旬!?

    • >ミチさん

      三日目の朝は激寒でしたが、昼間晴れると暑いですね〜
      いま旬ですよ!マジで!
      岸から狙うには、絶対この時期なので行けたら是非行ってみてください!
      ロケーションが良くて釣りしてるだけで気持ちいいいです^^

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください