【ラット】キムケンがプロデュースのラットについて奥村さんが解説




キムケン スリザークラット

キムケンがプロデュースするラット。

その開発秘話や現状について奥村さんが動画で語っていました。

動画で見ると結構でかそうなルアーですね〜

似たようなルアーをチューンすればラットっぽくなるのでは?なんて思ってましたけど、あのでかさ、シルエットなどに価するルアーはなさそうですね。。

ラットは唯一無二な存在なのかも。

 

動画の中で奥村さんがジョイント部を改良したことで、自発的にユラユラ動くと言っていましたが、気になります。

水面で自発的にユラユラさせると言えばジョイクロが思い浮かびますが、ラットの存在感、尻尾は他にない感じなので、でかいのが釣れそ。

 

ともあれ成熟しきった感じの雰囲気の中に、アメリカから持ってきたラットという発想は、日本の市場、ユーザーにどんな反応を示すのかも気になるところです。

少なくとも僕のアンテナには引っかかったので、おそらくラットユーザーにはなると思いますがねw

 

本日の一言

サカナ
ラットが気になる人って、自分含めてちょっと変わった人なんじゃないだろうか・・・




キムケン スリザークラット

2 件のコメント

  • はじめまして。
    ラットはメチャクチャ釣れますよ(*´∀`)
    水面で使うよりちょっともぐらした方が
    更に釣れます❗

    形はラットでもそんなにラットを意識する必要はないです。

    • >Raydoさん

      コメントありがとうございます!
      くぅう実際に実証済みなんですね!!
      欲求が抑えられなくなってきました・・
      とりあえず海外メーカーのものでも探してみます^^

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください