テキサスリグとは違うビフテキとは?琵琶湖でキムケンが実釣




 

リューギ×ジャングルジムコラボアイテムのビーンズシ­ンカーを使ったビフテキ

以前から釣具屋さんで気になっていたビフテキシンカー

どうやって使うの?その使い方を検索しているとキムケンの実釣動画がYouTubeにアップされていました。

で、自分なりの使い方をずっと考えていましたが、ビフテキの垂直フォールは使えそう!ということで、以下ふたつの状況下で使ってみようと思います。

  1. 春のプリメス狙い
  2. 夏の垂直ストラクチャー(橋脚や岩盤)

 

それぞれについて説明すると、

僕がよく行くリザーバーはカバーがほぼ皆無。浮ゴミも少なく春のプリメスを狙う際、騙す要素が極めて少ないのです。よってヤツらを反応させるにはリアクションしかありません。

そのような状況で効いたのが、水面のグラビンバズでしたが、水面でのリアクションはストライクを外すことが多く、他の手を考えてました。それはワームを垂直にストンッと落としてリアクションを仕掛ける釣り。

垂直に落とすにはテキサスリグよりもフットボールジグに軍配が上がるだろうと考えていましたが、このビフテキを見て、こちらのほうが使えそうだなと春のリザーバーボート釣行に持って行こうと思います。

 

もうひとつの夏の垂直ストラクチャーで使いたいというのも、水中(中層)でのリアクションです。夏になる頃には多くの釣り人はフィールドに訪れ、バスもスレてきます。また夏の暑さからダルダルになっていたり、一段深い場所の落ちることが多く、こうしたバスを狙うには、いままではヘビーダウンショットでした。

ですが、僕はダウンショットリグは面倒であまり使いたくありません。リグのでさえ面倒なのに、フックとシンカーが離れているためラインがこんがらがったりすると異常にストレスに感じてしまう・・

なのでこの釣りの代替えになるかなとビフテキを検討したというわけです。

 

本日の一言

サカナ
ビフテキいうてもビーフステーキとちゃいまっせ。あと関係ないけど、近いうち嫁の実家近くに引っ越しするかも…




リューギ×ジャングルジムコラボアイテムのビーンズシ­ンカーを使ったビフテキ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください