ベイトフィネスという知らない世界

お役に立てた記事でしたら、Facebookのいいね!やツイートなどシェアをよろしくお願いします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサーリンク

STC-63UL-ST
出典:ジャクソン

最近自由に釣りに行けていないので、釣り方やフィールドのことなど様々なことを考えてます。

で、フィネスについて深堀しはじめたら好奇心が止まらなくなりまして、いままで軽視していたベイトフィネスに興味を持ち始めました(°Д°)

というのも先日フィネス(スモラバ)中心にボートで釣りをしてみたときに「ここはスピニングじゃなないな」という場面がちょこちょこあったからです。

その代表的な場所としてはライトカバー。スピニングで細いラインでは心配だし、ルアーのウェイトも1.3gとか1.8gだと入れずらい。とはいえテキサス入れるほどのカバーでもない。

となると2.7g、3.5g程度のルアー(スモラバ)がベスト。かつベイトリールの特徴を生かしてパンッパンッとスピーディーに探りたい。

というのがベイトフィネスに興味を持った理由です。

てか知らない世界なので色々情報収集してみたんですが、中でも気になったロッドが、Jackson(ジャクソン) のスーパートリックスター STC-63UL-ST

新品(定価)でも2万円代という価格。販売価格は2万円弱程度。

ソリッドティップで1/16oz以下の軽量リグを自由に扱えるとのこと。
1/16ozって言ったら1.8gですよ…

ベイトフィネスってここまで来てたのはまさに知らない世界でした…

自分のスタイルには合わないっぽいですが、反面、最近ではその場所に合ったルアーや釣り方じゃないと違和感を覚えるようになってきた、またルアーに完全にマッチしたタックルじゃないとストレスを感じるようになってきたので、とりあえず一通りの釣り方は試してみたいなと思ってます。

あとフィネス=セコいって考えもいまはないです。基本的にバスのサイズは選べませんけど、フィネスでデカいバスを釣る人って、デカいバスがいる場所を絞り込めるスキルがあるんですよね。初フィールドでも、過去の経験(色々なタイプの場所で釣りをしてきた)を生かして、デカいバスが居る場所を絞り込むことができてるんだろうなと思うわけです。なのでセコいという考えではなく、全体を見たときに凄いなぁという感覚。

まぁ僕の場合、「このルアーで釣りたい!」というのがあるから、フィネスを主としないんだと思いますが…

Facebookページ
スポンサーリンク

お役に立てた記事でしたら、Facebookのいいね!やツイートなどシェアをよろしくお願いします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

隙あらばバス釣りをフォロー(※アイコンをクリックしてください。)

にほんブログ村
にほんブログ村 釣りブログへ

この記事を書いている人

サカナ

はじめまして!! サカナです。

「自分に嘘をつかず、自分の時間を生きる」を人生のテーマにしている道楽人間です。
本ブログでは僕の実体験ベースの記事を、バス釣りという共通点でつながる仲間のためシェアするということを心がけています。

詳細 プロフィール はこちら

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。