レイドジャパン ダッジのインプレ&使い方!河口湖で55cm実績あり




2015 08 14 17 59 41

 

レイドジャパンから発売され、デカバス狙いでいままで密かに使っていたデカ羽根ルアー(ビッグクローラーベイト)がすっかりメジャーになってしまいました。

数年前はレイドジャパン【ダッジ】のような羽根モノルアーを投げている人なんてごく一部の人だったんですけどね・・

レイドジャパン ダッジのインプレ

まずダッジのウェイトですが、1ozとデカ羽ルアーを使ってきた人からすると、正直言って物足りません。僕が好きで使ってきた(使っている)ハイフィンのクリーパーやホグバスターのウェイトは1.5ozクラスなのですが、このくらいのウェイトが欲しかったなと個人的には思います。

ボディサイズについては思ったよりも小さくなかったのですが、プラなので身が詰まっているウッドと違いスカスカ感が・・このあたりも物足りなさを感じました。

ただ1ozというウェイトはMクラスのロッドでも投げられる範囲なので、おかっぱりに特化したメーカーのコンセプトにはマッチしているかなと思います。

1ozというウェイトはバーサタイルロッドであれば誰もが持ってるでしょうからイコール誰もが投げられるルアーということになります。また、おかっぱりでは何本もロッド持ち歩かないですしね。

ダッジの動きと音

肝心の動きと音ですが、動きに関しては自分がチューンしたハイフィン クリーパーを同じような動きで気に入りました^^

ただウェイトが軽いせいか、素材がプラのせいか、ポコポコ音は控えめで物足らない感じ。

フックは鋭く掛かりがよさそうでGOODです!(但し交換用のフックが発売されていない点には不満)

ダッジでデカバスを釣るための動かし方のコツ

ダッジが発売される前も好きでデカ羽根モノを使ってきましたが、デカバスを釣るためにクリーパーやホグバスターをチューンしていました。実はこのダッジが優れている点は、いままでチューンしてきた動きが誰でも簡単に出せてしまう点です。

その釣れるキモとはロールとデッドスローです。デッドスローについては使ってみてすごくいいと思いました。モジモジ、ヌメヌメ、ヌタヌタなまめかしく動き、さほど大きくないバスもバイトしてきます。

ちなみにダッジをデッドスローに動かす場合、ロッドを10時の方向に構え、ラインを水中に付けず、全身の力を抜き、脱力してゆっくりリーリングすると良いでしょう。

体に力が入ってない分、びっくり合わせも減るでしょうし。

代表であるカナモが実釣しているので下記動画を参考にしてみてください。

ダッジに最適なロッドは?

1ozというウェイトとトップウォーターということで、タックルはフロッグ用のタックルが最適です。固すぎず乗り重視のロッドで、バットはパワーがあるようなロッドが最適です。

ダッジの良くない点

ダッジは誰もが使えて、条件が揃えばビッグバスを連れてきてくれる良いルアーです。しかし、ダッジの欠点として羽が柔らかい・・そのため使っているうちに羽が広がり過ぎてアクションしなくなってしまいます。

回収時にゴリ巻きしてると本当すぐに羽が広がってきちゃうのはいかがなものか・・

ですので、途中途中で羽をキュッと絞り込み、広がりを抑えてあげながら使用しなければなりません。

但し替えの羽は別途販売しているため、その点では安心です。

ダッジの注意点

インプレの最後にダッジの注意点を書きます。これは上記カナモの動画でも言っていますが、ダッジのフックにはフェザーではなく、毛が巻き付けられています。そのため、乾きにくく、フックが錆びやすいです。ですので、釣行後は必ずタックルボックスから出して乾燥させるようにしましょう。ダッジは替えの羽は販売されていますが、替えのフックは販売されていませんので、注意が必要です。

レイドジャパン ダッジ実釣!(山梨県 西湖)

2015年8月、西湖と河口湖へダッジメインで釣りをしてきました。

西湖ではまずめ時に実績のあるシャローフラットエリアへ入り、ダッジを遠投。どクリアな水色にチャート系でしたが、「シュボ」っと出てくれて、コンディションの良いバスが釣れてくれました!

ダッジ@西湖 トップウォーター

動かし方はロッドを立てて、ゆっくり巻いてデッドスロー。

ダッジは威嚇で食ってくるとカナモはよく言っていますが、こうしたシャローフラットの餌食いばで食ってくるバスは確実にフィーディングを意識したバスだと思います。

レイドジャパン ダッジ実釣!(山梨県 河口湖)

朝まずめ西湖で良いのが釣れましたが、その後は沈黙・・低活性に見切りをつけて午後は河口湖へ

お昼を休んでから、がっちり寝すぎて気づけばPM3:00前・・・ 急いで釣り券を買いに行き、近くの気になったポイントにルアー入れるとロスト寸前・・・ ウェーダーに履き替えてなんとか回収したものの、ウェーダーを微妙に超える水位で、びっちょびちょ・・・回収時にPE死亡するわでスタート時は最悪でした・・・

が、でかいのが居そうな箇所をランガンし、コンクリに葦がパラっと生えてる複合ポイントにレイドジャパン【ダッジ】を投げ、シェイクで誘うと下からドボォンッ!!!!

ダッジ50アップ@河口湖ダッジ50アップ@河口湖

久々にアクテオンを曲げてくれるナイスファイター!!!!

55cmのコンディションのいいバスが釣れて、ダッジ最高ー!!!!

でした。

さいごに

1ozというウェイトは個人的には物足りなかったですが、逆を言えば着水音もソフトになるので結果的にGOODでした。今回釣れた河口湖のバスは比較的近距離でダッジをピッチングで入れ、シェイクして点で誘ったのですが、着水音でびっくりさせなかったのが釣果につながった可能性もあります。(逆にびっくりして思わずバイトすることもあると思いますが。)

飛距離もはじめてちょい投げした時の感覚に比べ、気にならなくなったし。(けっこう飛ぶ)

フックですが、フェザーではなく「毛」なのがいいですね!!!! これはよく考えたなぁと思いました。毛の量が多いのでボワっとしてフックの存在を極力消してくれます。でかいやつほど賢いと思うのでフックの存在を消し去るこのアイデアは高く評価です。(チアリーダーが持ってるボンボンに見えるんだよねw)

あとラインはやっぱPEがいいです。今回は途中でPE死亡したのでナイロン20lbでやりましたけど。まぁナイロンでもいいけど、PEのほうがいい。ちなみに僕はサンラインのバススーパー PE 56lb 使ってます。フロッグも全く同じ。

最後に、羽根モノの使い方としてシェイクして点で誘うのはかなりオススメです。野池で羽根モノ使ってた時にこの釣法で何度もキャッチできてましたし。また夏の野池というシチュエーションで言うと、オーバーハングの内側から釣りができるなら、ピッチングでオバハン下に投げ、投げた距離に応じて、巻いたりシェイクしたりするのもオススメです。足場が高ければルアーを真下に落として、シェイクするとバスが寄ってきてバイトすることが多々ありました。

単に沖に投げて巻いててもなかなか釣れないと思うので、岸際や足元に注意して釣りしてみるといいかもしれません!




ダッジ50アップ@河口湖

6 件のコメント

    • >つかじーさん

      やっぱり羽根モノはやばいですねーー
      ホームリザーバーでは全くと言っていいほど羽根モノが通じないので、最近使ってなかったのですが、いや楽しいのなんのって

      はい。毛という発想は素晴らしいと思いました☆

  • またまたデカイノガ!!

    さすがっす!

    河口湖2連荘でこれは!すごいです

    トップで釣れると気持ちよさ ぱねぇ~っすね!!

    • >RINZOさん

      めちゃくちゃ運が良かったです!!
      運が良すぎて悪いことが起きなければいいのですが・・・w

      トップで威嚇バイトでドカンッはほっっんとうに気持ちいいですよね!

  • ナイスフィッシュです!河口湖のポテンシャル高いですよね!西湖は難しいイメージがありましたが、結構売れる釣れるんですかね?antiantiさんの腕でしょうね!

    • >Tackさん

      なんだかんだ河口湖はでかいのが居るので魅力的ですよね(^^)
      西湖おかっぱりではマズメ時にポイントが合えば釣れる印象です!
      腕は・・大したことないです(°Д°)

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。