14カルコン200実釣




先日ディープクランク用に購入したカルコン200を早速試してきましたのでインプレ的なもの。

タックルセッティングは、
ロッド:ダイワ ブラックレーベル 6101MHRB
リール:カルカッタコンクエスト200
ライン:FCスナイパー12lb

専用のロッドも欲しくなってきましたが、それはオフシーズンにじっくり考えるということで。。

 

飛距離

Tackさんの記事にもあった通り、ぶっ飛びますw
糸巻き量が多いのにプラスし、ラインも12lbという要素もあると思いますが、ディープクランクがビューン飛んでいくのは気持ちよし!

 

巻き心地・パワー

すでに14カルコン100はがっちり使用してるので巻き心地は言うまでもなく良いです。
もちろん200も変わらず巻き心地は良好! そして100に比べパワーがあるのでディープクランクでもラクに負けて快適〜♪

 

大きさ・重さ等の使用感

これはやはり100番に比べると、重く感じ、高さも高く感じます。
なので丸一日、しかもタックル1セットでカルコン200番で釣りするのはちょっときついかも。。(やわ?w)

今回自分の場合はディープクランク用にと一日の中でローテーションするカタチなので全く問題なし。

 

他の用途としてはビッグベイトなどには相性いいですね!
ちなみに僕はビックベイトを投げる際はアンタレスを使ってます。
本来は巻物専用にと購入したんですが、カルコン100があまりにも使いやすく、アンタレスはすっかりビッグベイト用になってます。

 

カルコン100番と200番ならどっち?

飛距離とパワーで選ぶなら200番。
汎用的に使うなら100番といったところでしょうか?

 

ちなみに本日の釣果ですが、AM6:00〜PM15:00までやって47cm一本でした!(ルアーはドライブシャッド)

 2014 10 24 06 51 27 

タックル
ロッド:メガバス デストロイヤー F5・1/2-68Xti エヴォルジオン
リール:カルカッタコンクエスト100
ライン:FCスナイパー14lb

釣れた場所は橋脚ですが、何回かチェイスやミスを経験しており、今回はアプローチ(ボートポジション)を工夫し、焦らず慎重に狙ったら釣れました^^ 橋脚の際ではなく、少し離れた場所から角度を付けて、橋脚を通り過ぎるベイトをイメージ。

橋脚ではどの面に付いているかも重要だと気付きましたわ。。 そしてなぜその面に付いているか?も自分なりに考えました。(たぶん午後に陽がたっぷり当たって、熱が溜まりやすい面なんだなと想定。)

 

朝の一本以外はチェイスすらなく終了。

わかさぎ釣りの人はたくさん居ましたが、バサーは僕だけでしたw
もうかなり厳しいので、今シーズンこのフィールドは今回がラストかな〜

2014 10 24 08 12 13

 




2 件のコメント

  • お疲れ様でした。
    貴重な1本お見事です!(^o^)
    そろそろ厳しくなってきましたね~。僕は本来なら11月~3月までバスはOFFにして、トラウト、メバル、シーバス、最近ではワカサギも(笑)寒いのが超苦手なので、基本引きこもります(笑)

    今年は晩秋から初冬までに中層~ディープの釣りが楽しく感じたら12月でも浮いてると思いますよ(笑)
    まぁ20代の頃はバス釣りのOFFシーズンなどなく2月でも霞で氷割りながら船出してましたけどね。
    もうそこまでの情熱はないですね。残念ながら~(苦笑)

    • >かまりょさん

      近年昼間は暖かいですからね~
      僕も修行を兼ねて行きます!w

      ディープも居場所がある程度特定できればいいんですけどね。。
      今のところ全く見えてないので突き詰めないとです!

      さすがに氷を割りながらは船出しませんがw

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください