スピナーベイトトレーフックの必要性(ザップ ティンセルフック)




 

スピナーベイトには面倒というのもあり、また活性の高い奴だけ拾えればいいと思っていたため、いままでトレーラーフックは付けていませんでした。

が、ここ最近のショートバイト、偏向ごしに見える岸まで追ってきてワンアクションしたときに口は使うものの掛からない。。そんな状態が数回あったので、今後はトレーラーフックを付けようと思い、釣具屋さんで物色。

普通のトレーラーフックなら使ってない物が一応あったのですが、今回見つけたザップのティンセルフックが良い感じだったので紹介。

2014 05 18 12 47 53

 

実際に付けるとこんな感じです。(上下にストッパーを付けています。)

2014 05 18 16 11 20

 

これを実際に泳がすとトレーラーフックに付いている毛がいい感じになびいてくれるのでアピール力アップにもなってると思う。

 

どうしてもスピナーベイトで釣りたい場合、ショートバイトを拾う対策や、魚のスピードに合わせたスピナーベイトの使い分けなども細かく状況判断してかないとダメなんだなと痛感。

ってことで只今スピナーベイトひとり研究部を発足したので、日々研究に没頭しております。笑

 

 




2 件のコメント

  • お疲れ様です^^
    私はトレーラーフックは必ず付ける派の人間です。
    是が非でもバイトを逃したくないのでw
    スナッグレス性うんぬん言う人もいますが、特に気になったことはないですね。
    キーパーで上下止めるアンティさんのセッティングが私もオススメです。
    ゴム菅に刺して簡単に付けるやつはいかんです。
    フックがお尻以外の方向に向いてるときが結構あります^^;

    • >みかんさん

      おぉ!やっぱりそうですか^^
      僕もゴム管に刺すだけのものを使っていて微妙だったので、「いいや」みたいな感じでした!
      けどキャッチ率を考えると、やっぱりトレーラーフックは大事ですよね〜

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください