精進湖バス釣りについて思うこと




 

精進湖

 

去年から数回通っている精進湖だが、富士五湖の中でも水質は一番悪く、濁りが入っている。
そのため他の湖に比べて若干釣れやすいのだと思います。

 

それにプラスしてワームの使用オッケーなので、いい時期になれば小バスも普通に釣れてくる。

 

更に釣り券を買う必要がないのも魅力のひとつ。

 

が、アベレージは河口湖や西湖に比べ落ちるのが不満というか、なんというか。(よりデカいバスを釣りたければ河口湖や西湖に行けばいいだけなんですけどね。)

 

ただ全てのバスがネイティブなので、引きは強いです^^
そこは精進湖の魅力のひとつです。 

 

精進湖でバス釣りをする際の注意点としては、精進湖はヘラ師の聖地と言われているだけあって、ヘラ師がボート、おかっぱりめちゃくちゃ多いです。なので、ヘラ師優先でマナーを守って釣りを楽しむことが大切だなと感じます。

 

最奥の遠浅エリアであればおかっぱりヘラ師はたぶんいないと思うので、立ちこみでバスを狙うのはありだと思います。あとはブレイクやウィード絡みのポイントを探し出して探って行くとか。

 

去年の夏は岸際ボイル撃ちで釣れたので、岸際にも注意を払ってみてください。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください