おかっぱりには登山用の靴が最適だった




 

2014 04 07 09 50 41

 

去年から一日釣りしていて感じたこと、足が疲れる。。足の裏が痛くなる。。

 

特に河口湖の溶岩帯エリアなどをおかっぱりしていると、足の裏がかなり痛くなっていたいたので、以前購入していた登山用の靴(MERRELL(メレル))にし、おかっぱりしてると、全然違うことに今更気づきましたw

 

いままではスニーカーが長靴。特に長靴に履き替える癖があったのですが、おかっぱりで2,3m水中に浸かってもそんな変わりないなとw だったらキャストを2,3m伸ばせばいいじゃんて話しだなと思いましたw

その2,3mが大事になる場面では履き替えればいいことですし。

 

僕が買ったのはローカットですが、ミドルカットなどと何が違うかを考えた時に、

ローカットのメリットとして、履きやすい脱ぎやすい、裾に納まる。デメリットとしてゴミなどが入りやすく軽くストレスに感じる。と思いました。

ミドルカットであれば足首を守ってくれるとかのメリットはありそうですね。

 

でも登山ではないので、気軽な感じがいいかもです。

 

おかっぱりで登山用の靴にして、歩きやすさ疲れの軽減は普通にありますが、履いていて軽く感動したのは、底が熱くて革なので、スニーカーに比べて水が侵入しにくいです。ズッポリ浸かっちゃうのはもちろんアウトですけど、水たまり程度なら全く気にならない。

 

1日おかっぱりする人は是非、登山用の靴をチョイスしてみてください!マジで全然違いますので^^




2 件のコメント

  • こんにちわ^^いつも楽しく拝見しています。
    埼玉のミカンと申します。(初コメです)
    私も靴は、メレルとキーンを愛用しています。おかっぱりバサーは足を使ってなんぼだと思ってるので、靴は重要ですよね(^人^)
    富士五湖遠征お疲れ様でした!
    これからも記事楽しみにしてます( ´ ▽ ` )

    • >ミカンさん

      コメントありがとうございます^^
      僕もキーンは気になっていました〜
      しかしスニーカーと比べてこれだけ違うのは気づきの遅過ぎでした・・
      これからも頑張って釣って、状況を伝えて行ければと思いますのでよろしくお願いします♪

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください