榛名湖おかっぱりバス釣りで感じたこと




 

榛名湖 バス釣り

 

榛名湖は遠浅な自然湖なので、ウェーダーを履いて立ちこみしている釣り人が多いです。

僕もはじめて行ったときは長靴しか持っていなく、その後ウェーダー買っちゃいましたし。
先日の釣行では、暑いし時間がなかったので長靴でしたが。

 

榛名湖に三回行ってみて感じたんですが、バスは以外に浅いところにいるということ。
また、先日沖で釣れたバス、バイトがあった箇所、ウェーダーなんていらない10mくらい沖のウィードエリア。

 

なにが言いたいかと言うと、ウェーダーを履いてド遠投する前に、手前を丁寧に釣ることが釣果アップに繋がるじゃないかと思う。
普段僕がそんな感じで釣っている方法なので。。

まずは岸から数メートル離れた場所からルアーを投げる。
ルアーを投げる前にいきなり入水はもったいないと思うんですよね。

 

バスがこちらの存在に気づいたら釣れない訳ですから

 

大して釣れてないくせに、まー、あーだこーだ言ってるんですけど。笑
あとこの記事、ボートの人には皆無ですね。笑

 

今期も榛名湖に行けるときは行って、研究するので、またシェアしまーす。
では!




榛名湖 バス釣り

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください