HI-FIN ホグバスター そしてクリーパー改造チューニング


 

愛用のHI-FIN ホグバスターに今期はクリーパーも追加しました。
ですが!ちょっと言いたいことがあるのでチューニングネタも込みでブログ書いてみます。

HI-FIN ホグバスター&クリーパー

 

このホグバスター。先シーズンだけでずいぶん使い込んだなぁ
もう休ませてあげたいわ笑

HI-FIN ホグバスター

 

今期早春は巻物で調子よく釣れてたんですが、このところ巻物への反応が鈍い!
でもトップへの反応は割りとある。そんな感じ。

そんな中でミスバイトが数回続いていてどうにもストレスだったので色々考えてみた。

 

ここ最近メインで使用していたのはクリーパー(orフロッグ)
先シーズンはホグバスターでこの時期いい魚が釣れていた。

で2つのルアーを比較して真っ先に思い当たるのがジョイント
ホグバスターのジョイント部以降のリア部は目で見て水中に入っているんだなとすぐに分かる。

経験上トップで釣れる時に、派手にバイトが地味、もしくはトップに出きらない地味な食い方。

ホグバスターはトップに出きらない地味な食い方も拾ってくれて
リアフックにかかってくれるんですよね。(岸際トゥイッチとかちょうちんとか)

 

HI-FIN クリーパー

 

HI-FIN ホグバスター

 

もうひとるの原因と思われるスプリットリング
売ってなかったのもありますが、小さくしちゃってました・・

それゆえフックポイントが上にズレ、バイトをはじいちゃってた気がする。

HI-FIN クリーパーチューニング

 

ってことでクリーパーチューニング。
スプリットリングの変わりにスイベル付けてみた笑

だいぶフックポイント下がったっしょ
止めて誘うときなんかはフックこの位置だろうしバイトがあれば乗りそうです。

cp_01

 

ち・な・みに(鈴木ちなみ風)スイベルのスプリットリングは強度アップのため交換

cp_02

 

でもね・・

 

 

こうなるリスクもあるんだよね笑

HI-FIN クリーパーチューニング