冬のプチ開拓釣行

  • ブックマーク
  • Feedly
  • -
    コピー

先週から今週にかけて子どもがインフルエンザにかかり、それに続いて嫁もインフルエンザにと、全然釣りに行けてません!

てか釣りだけでなく仕事も隙あらば状態でストレス溜まりまくり…

とまぁ近況はこんな感じなのですが、ちょっと前の釣行の話でも

春一番が吹いた次の日の朝。

冬の定番スポットに足を運ぶものの雨の影響かダメな濁り。

なのでズバンッと移動して気になっていたカバー&ストレッチをプチ開拓してみると、結果4バイト2バラしと冬にしては、なかなかの好反応!

前日の春一番の影響で動いたのか?

開拓の段階なのでなんとも言えませんが、そこそこ水深のあるストレッチにレイダウンがあり、地質は岩盤粘土質。

川の中ほどには背がありベイトの気配。対岸にはサンドバーがあり、流れが緩くなっている。

非常に歩きづらい所を上流に進んでみると規模は小さいが逆ワンドも

もしこの逆ワンドで産卵を行うのであれば、動き出したバスがこのストレッチ周辺にとどまるのかもしれません。

てな感じでこれからの時期に期待できるポイントを見つけられたのですが、最近冬のショートバイトによるバラシが多く、その対策や新しい釣り方を考えてます。

そして今回のシチュエーションではレイダウン周りのジャークベイトはありかなぁと。

まぁ足場の悪い場所でリアフック一本とか結果的にキャッチまで至るか分かるませんけどね。

針なんそこそこ良いとこに掛かれば強めのロッドでぶち抜くのが1番早いんで、ショートバイトは潔く諦めるってのも一つの手ですがw



この記事を書いた人

サカナ

サカナ

バス釣り歴13年。関東在住。既婚、4歳の娘と妊婦の嫁が居ますが、週2ペースで隙あらばバス釣りしてます。以前はボートで釣りしてましたが、最近はオカッパリがメイン。ブログでは、今までの経験やノウハウを活かして初心者の方に向けた情報や釣具のレビューなどをテキトーに書いています。詳しくはプロフィールをご覧ください。